豊島区に属する記事の一覧

【本格中華】日本最大の華僑コミュニティ「池袋チャイナタウン」を知る(2012年)

三大山の手副都心の一角を占める「池袋」、新宿や渋谷と比べると若干客層が貧乏臭かったり芋臭かったりするのがご愛嬌なのだが、そんな街を久しぶ...

記事を読む

NO IMAGE

目白駅前コマースビルの怪 (3)

再開発のゴタゴタで入居テナント空っぽのまま放置プレイをかまされている目白駅前「コマースビル」の中を探検してみたよ、の続き。 一応エスカ...

記事を読む

NO IMAGE

目白駅前コマースビルの怪 (2)

目白駅前に堂々と立ちそびえる幽霊ビル、もとい複合商業施設「コマースビル」があまりに気になったので、せっかくだし中に入ってみる事にした。再...

記事を読む

NO IMAGE

目白駅前コマースビルの怪 (1)

山手線沿線随一の文教地区でありセレブゾーンとしての地位を誇る「目白」はこれまで東京DEEP案内取材班が見向きもしなかった場所だが、いくら...

記事を読む

NO IMAGE

本駒込五丁目・駒込神明町の花街跡を歩く

次は駒込駅東口から南側一帯に続く「アザレア通り」沿いに進んでみる事にする。 アザレアとは日本のツツジである。駒込と言えばツツジが有名ら...

記事を読む

NO IMAGE

山手線マイナーゾーン「駒込」 さつき通り商店街

山手線の北側は、新宿や渋谷などに慣れた人間の目から見ると「これが山手線の駅前か?」と思えるくらいの場末の下町臭い超マイナーゾーンが広がっ...

記事を読む

【豊島区】地味だけど怪しい山手線北端部の下町「駒込」を歩く (2010年)

一周60分29駅の山手線に乗っていて、特に影が薄いのが池袋から上野までの北側の区間だ。大塚、巣鴨、駒込、田端、西日暮里、日暮里、鶯谷と、...

記事を読む

【山手線北側の場末空間】おじいちゃんもハッスルハッスルな「巣鴨駅前」の商店街(2010年)

かなり久しぶりに巣鴨を訪れた。おばあちゃんの原宿などと呼ばれているあの街だ。だが久々に駅に来るとやけに場違いでオシャレな女の子向けなテナ...

記事を読む

埼玉の植民地「池袋」 池袋西口の安アパート街

渋谷・新宿に続く東京山の手巨大ターミナル駅「池袋」の界隈が中国人と埼玉県民だらけというばかりに留まらず「ドヤ街」として数多くの独居男性が...

記事を読む

埼玉の植民地!ひたすら垢抜けない負のオーラを纏う歓楽街「池袋」を歩く(2009年)

池袋の駅を降りて東口に出ると、サンシャインシティの前までの一帯が広大な繁華街になっている。行き来する人の数は新宿や渋谷にも引けを取らない...

記事を読む

埼玉の植民地「池袋」 乙女ロードとラーメン屋の行列 (2009年)

誰が言ったか「埼玉の植民地」こと池袋。渋谷や新宿と比べてどこか垢抜けない感があるのはそのためか?普通の人ばかりが闊歩している渋谷・新宿では見られない池袋のコアな風景を拝みに街を出歩いた。

記事を読む

NO IMAGE

池袋サンシャインシティ 巣鴨プリズンの痕跡

池袋のデートスポットとして人気のサンシャインシティの前身があの「巣鴨プリズン」だったという事を知って衝撃を受けた。隣接する東池袋中央公園の一角に、そのことを記す石碑がひっそりと建っている。

記事を読む

NO IMAGE

雑司が谷散策 (4) 池袋サンシャイン裏

池袋副都心を間近に控える都電雑司ヶ谷駅周辺の界隈は再開発の波が押し寄せてきている。サンシャイン60を正面に迎え、都電の線路と廃墟となった古い町並みが残るこの風景も、もうすぐ見納めとなるだろう。

記事を読む

NO IMAGE

雑司が谷散策 (3) 雑司ヶ谷霊園

雑司ヶ谷霊園は東条英機、夏目漱石など日本を代表する著名人が眠る霊園でもある。目の前には昔「巣鴨プリズン」が建っていた、サンシャイン60の超高層ビルが見える。

記事を読む

NO IMAGE

雑司が谷散策 (2) 鬼子母神

こちらも池袋のすぐ隣。鬼子母神と広大な霊園がある雑司が谷の街を散歩した。大ケヤキの並木道は都心の喧騒とは無縁の風景。鬼子母神堂は戦災を免れて3世紀以上の長い歴史を雑司が谷の地に刻む。

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.