どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【台東区】キムチ横丁と対をなすニューカマー韓国人タウン「上野仲町通り」(2010年)

上野と言えばアメ横の中国人韓国人だらけの光景が思い浮かぶが、もともと戦後の闇市とともに巨大なコリアタウンが形成されていて、以前訪問した東上野のキムチ横丁やパチンコ村の一帯とは反対方向の、不忍池南側一帯の歓楽街も、同様にコリアタウンとなっている。

6-172.jpg

台東区上野二丁目一帯に広がる「仲町通り」を中心としたエリア。地下鉄銀座線上野広小路駅を降りた真ん前にある。上野松坂屋やアメ横などとは反対側。上野駅よりは御徒町駅の方が近い。一歩中に入ると人通りの多いアメ横や上野公園の喧騒とは違った、どこか淀んだ香りのする繁華街だ。

6-175.jpg

のっけから夜の街といった風情が色濃く出ている繁華街で、さしずめ上野の歌舞伎町と言える。不忍池南側の不忍通りと春日通りとの間のメインストリートの両側に飲食店がひしめきあう。

元々は池之端仲町という地名だったものが区画整理で上野二丁目となっていて、繁華街は文京区湯島に跨っている。

6-174.jpg

仲町通りから脇の路地に入ると、韓国料理店ばかりがずらずらと並んでいる様子を見る事ができる。キムチ横丁が古いコリアタウンだとするとこちらは雰囲気が新しい。

6-168.jpg

韓国料理や焼肉に紛れて沖縄料理店や小さなスナックが紛れている他は、韓国人向けの食品スーパーなどもある。密度の高さを見ても新大久保の路地に負けない雰囲気がある。

6-165.jpg

この一帯はスナック街で、小さな個人営業のスナックが密集する雑居ビルも数多く存在している。

6-166.jpg

バラックがそのまんま残っているような東上野のキムチ横丁とは対照的に、古い建物があまり見当たらない。

6-173.jpg

確かに仲町通り周辺の街並みはガチでコリアタウンだが、これだけで終わらないのが上野の実力である。飲食店に紛れて、風俗店やアダルトショップなどがひしめく怪しい光景も見られる。

6-181.jpg

夜になると怪しげな明かりが漏れるアダルトショップのショーウインドーには所謂大人のおもちゃが飾られている。

6-167.jpg

韓国料理店に隣り合って立つ、いかにもな外観のファッションヘルス。店先には「東スポデー」「ゲンダイデー」の文字が踊る。

6-169.jpg

猥雑極まりない路地を抜けた真正面には自由の女神が現れる。ソープランドで入浴するだけに「ニューヨーク・ニューヨーク」。あまりにもベタ過ぎる。上野の路地裏に潜むオヤジ達の自由の世界。

6-178.jpg

ニューヨークの隣にはシャンゼリゼもあるという。とんだところに大都会があったものだ。ちなみにニューヨークは人妻専門店らしい。

6-180.jpg

やはり仲町通り界隈は夜の街だ。昼間は怪しいヤクザ崩れのようなオッサンか客引きのボーイ、もしくは朝っぱらから風俗店に入り浸るオヤジくらいしかいないが、日が暮れると仕事帰りののんだくれが街を闊歩して賑わいを見せる。

6-179.jpg

食欲と性欲、人類の二大欲求を満たすかのように口を広げて待ち受ける街。

もともと池之端仲町の歓楽街は江戸時代から置屋や連れ込み宿が並び、花街として歴史を刻んできた地域の名残りでもある。現在では風俗店やスナック、韓国料理店の他、中国人やフィリピン人その他アジア系外国人のショーパブなどが並ぶ多国籍系歓楽街だ。

6-176.jpg

俗っぽい光景しか見られないと思っていた上野仲町通り商店街だが、不忍池に近い一画に戦前のレトロ建築がぽつんと残っている。大正末期に建てられたという「堺屋酒店ビル」。

6-177.jpg

その近くには、路上でリヤカーにエレクトーンを積んで音楽を演奏するアーティスト系ホームレスの姿があった。ホームレスというと道行く人はシカトするだけだが、道端の音楽家となると別だ。通行人が足を止めて静かに演奏を聞いていた。

6-170.jpg

そして仲町通り界隈はやけに野良猫が多い。バイクの上を我が物顔で占領する野良猫が一匹。人の姿にも物怖じせずにくつろいでいる。

6-171.jpg

ホームレスが多く住む不忍池や上野公園も同様に猫が多いが、上野はホームレスの楽園であるとともに猫の楽園でもあるのだ。

6-182.jpg

あまつさえ商店街の店員らに餌付けされてまでいる。猫にとってもさぞかし居心地が良い街なのだろう。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.