どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【現存せず】再開発で消えた!府中駅前の戦後のドサクサ的商店街「みゆき通り」とその周辺

普通に大國魂神社を参拝した後、再び府中駅前の繁華街に戻ってきた。今度は再開発で消える予定になっている駅前一等地のゴタゴタした一画「みゆき通り」の界隈を見る事にする。

88-34.jpg

周囲は再開発のせいだろうか、伊勢丹が入居している商業施設「フォーリス」の他にタワーマンションつき再開発ビル「くるる」もあって、やたら近代的になってしまって味気ない。しかしその間に残る僅かな繁華街に猥雑さを留めている。

88-35.jpg

京王線府中駅、フォーリス、くるるの3つの区画に囲まれて古い商店の建物が密集する。「南口駅前通り」と「みゆき通り」という2つの路地裏商店街が府中駅前とフォーリスの間を南北に並行している。

88-40.jpg

西側の「西口駅前通り」の方は居酒屋や飲食店がひしめくだけでとりわけ特徴はない。普通の商店街かと思ってしまいそうになるが、唐突にドピンクな店舗が紛れ込んでいる。

88-36.jpg

健全そうなお買い物空間に突如現れるいやらしいお下品な看板。思わず不意をつかれてしまった「ヴァージンリップ」。

88-37.jpg

ヴァージンリップの脇から東側の「みゆき通り」に入ると、やはり普通にドラッグストアや書店などが並んでいる、ごくごく平凡な光景が広がっている。

88-38.jpg

しかしそんな場所にももう一軒「サロン・ド・パラダイス」なる、怪しげな店舗が。表向きには完全にファミリー向けのベッドタウン面をしている府中の街だが、どっこい路地裏ではオヤジのパラダイスが生きている。考えてみてください、府中は元々から飲む打つ買うのオヤジっが集まる「ギャンブルタウン」なのですよ?

88-43.jpg

わずか50メートル足らずの路地裏商店街だが、府中駅前でゴチャゴチャしているのはこの辺しかない。ある意味貴重な存在。

88-39.jpg

みゆき通りの脇から「くるる」方面に抜ける路地裏。駅前なので自転車駐輪禁止の車止めの柵が通行人の邪魔をしている。

88-46.jpg

路地裏を抜けると大量のガチャポン売場が現れた。目の前は古い玩具屋だった。

88-48.jpg

子供が喜びそうなおもちゃがこれ見よがしに並べられているが、皮肉にも向かいの「くるる」にはトイザらスという同業者が対峙してしまっている。

88-47.jpg

そのすぐ隣にはキャバクラの玄関が控えている。子供の集まる玩具屋に大人の遊び場が隣り合っている格好だ。店舗構成が滅茶苦茶である。

88-45.jpg

玩具屋のある通りは既にペデストリアンデッキの下に埋もれてしまい、日陰の存在となってしまっている。古い街並みは隠してしまえと言わんばかりの勢いだ。

88-41.jpg

すこぶる猥雑さを隠し持った怪しい商店街「みゆき通り」を出て府中駅前へ。東京競馬場や大國魂神社への近道が記されている一方で、怪しげな店への案内看板も出ている。

88-42.jpg

しかもさっきのヴァージンリップの案内看板だった。◯◯美女多数在籍。そこまで書いちゃうかよ。容赦ないっすね。

88-44.jpg

しかしこの土地も府中駅南口市街地再開発事業計画の「A地区」に指定されており、計画より遅れてはいるが完全にぶっ壊されて、再開発ビルが建てられる予定。「力を合わせて再開発」…こうして街の不純物はどんどん取り除かれてゆく。

<追記>府中駅前「みゆき通り」「南口駅前通り」の一帯は完全に姿を消し、跡地は15階建ての分譲マンションや商業施設が入る再開発ビル「ル・シーニュ」になりましたとさ。フランス語で「兆し」などを意味する言葉らしいですが…2017年7月に全面開業しております。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.