どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【湘南DEEPスポット】飯盛旅籠から遊郭へ、そして現在は…「藤沢駅北口」の廃れた歓楽街

東海道藤沢宿の飯盛旅籠の時代から今に続く、藤沢駅北口の怪しい界隈。

81-135.jpg

周囲がマンション街に変わりつつある中で、飲食朋友会のバラック酒場をはじめ私娼窟の名残りが残る街の片隅に、今も地味に続く風俗街が広がっている。

81-136.jpg

藤沢駅北口に残る風俗街は本当に地味な存在で、一応ファッションヘルスなどと書かれた店が数軒ある程度で、表に看板を掲げているだけで、客引きの姿もなければモノ欲しげにうろつき回る男どもの姿もない。

81-140.jpg

これらの看板が無ければ、もはやこの土地がそういった街である事すら気付かず素通りしてしまいそうな勢いである。

81-137.jpg

ギラギラした感じもなく、相変わらず古い飲食街が密集している光景が続く。横浜のハマヘルや川崎の堀之内よりは、むしろ地方の寂れた歓楽街のそれを思わせる。

81-139.jpg

1階が飲食街、2階がアパートになった古い建物。すっかりビルの谷間に肩身を狭そうに縮こまっているかに見える。

81-138.jpg

淫靡なテイストを漂わせる字体の「姫ごと」という店。この付近でようやく夜の街らしい光景を見せる一角が現れたが、藤沢の街ではもはや風俗店は絶滅危惧種のようだ。

81-141.jpg

この隣のビルはすっかり廃墟と化してしまっていた。

調べてみると「たぬきビル」というふざけた名前が付いている。

「アミューズメントカジノバーレストラン」と書かれた滅茶苦茶なジャンルの店が看板そのままに抜け殻になっているだけである。たぬきだけに化かされた気分だ。

81-144.jpg

しかしそのビルの横手に回ると、ちょっと前時代的なデザインが印象的なテレクラの看板も残っていた。

81-142.jpg

正面は単なる廃墟ビルだったが、横に回ってみたら現役で営業していると思われるイメクラ店も一応あるにはあるようだ。あくまで営業は夜のみで、昼間は閑散としている。

81-143.jpg

その奥にもよくわからない店がもう一軒あったが表から見ると何屋か判断出来なかった。ここだけ見ると明らかに異様な感じだが、本当にこの「たぬきビル」以外は周囲まるごとマンション街に変貌しているので、実際に訪れると拍子抜けすることだろう。

81-145.jpg

古いスナック街と廃墟ビルが残るだけの淋しげな「夜の街」は束の間で終わってしまう。藤沢市は湘南最大の街と聞いていたのに、あまりに呆気無い。

81-147.jpg

銀座通りを経て藤沢駅方向に抜ける道には、せわしなそうにスーツを着たサラリーマンをはじめ、どう見ても普通の一般市民と思える人々が行き来していた。

81-148.jpg

この路地にも平凡な住宅街が混じりつつあるが、スナック街がわずかに残っているようである。もう少し探索してみることにしよう。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.