どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

東京最大のスラム・四谷鮫河橋谷町があった街…新宿区「若葉・南元町」

<2ページ目を読む

昭和初期までに東京市中最大規模のスラム街があったと言われる四谷鮫河橋谷町。その土地は現在ごく普通の、しかし非常に鄙びた下町風景を残す地味な住宅街と商店街に変わっている。

地下鉄四谷三丁目駅と四ツ谷駅の間、新宿通りの南側に極端な窪地が食い込んでいるその谷底に通っているのは、若葉二丁目商店会という、一見すると人通りもなく寂しい商店街だ。

若葉町界隈は全体的に下町の臭いが漂う住宅地だが、谷底に降りると途端にボロアパート率が高くなる。今の時代、四谷界隈は地価も高く高級住宅地化が進んでいる傾向にあるが、それは旧鮫河橋谷町にはあまり当てはまらないようだ。

かつて商店だったような建物も潰れて廃屋になった所も多い。アパートに限らずマンションも垢抜けないボロい建物が目立っていて、この周辺では珍しく街の新陳代謝がさっぱり進んでいない事が窺える。

決して交通便も悪くはない場所だが、商店街に沿った道にはこうしたほったらかし状態の民家も数多くある。どこか薄暗い雰囲気が残っている事は否めない。

空き地の一部が新宿区の「まちづくり用地」にもなっている。低地の住宅密集地という事で防災上の観点から都市計画があるらしいが、街全体をクリアランスして再開発ビルをブッ建てる訳でもないし、具体的によく分からない。

駐車場に使われていたようだが、激しく空き地が残ったまま、やっぱりほったらかしになった土地もある。

それにこの周辺に貼られている政党ポスターも公明党か共産党しかない。低所得層が多い都営住宅でも同じ傾向があるが、つまりそういうことだ。

商店街の中程に差し掛かってくるとようやくそれらしい店舗がちらほらと現れる。それでも無駄に空き地やコインパーキングが多く、賑わっているとはお世辞にも言えたものではない。

若葉二丁目商店会唯一のスーパーが新宿丸正若葉店。たまたま見かけたが修道服姿の女性の姿がある。四ツ谷駅周辺には聖イグナチオ教会、上智大学をはじめとしてキリスト教系の施設が多い土地柄だ。

そしてこの丸正が入居している住居ビルもやたら古ぼけていて生活臭が微塵も感じられない。商店街の中心にあたる場所だが、それにしても不気味である。

丸正の先からは若葉三丁目に入るが、この先はさらに低層アパートの密度が高くなる。地元民しか使わないであろう所帯染みた中華料理屋の店がある。中華料理珍萬。ちんまん…

鮫河橋谷町の住宅街の向こうには隔絶された高級マンション「パークハウス四谷」の建物が連なる。さらにあのマンションの裏には愛子さまもお通いになられる学習院初等科もあり。徒歩圏内に次元の全く違う街並みが形成されている。

そのまま谷筋の道に沿って行くと中央線高架下を潜って南元町、さらに権田原交差点に続く鮫河橋坂に至る。

>4ページ目を読む


東京最大のスラム・四谷鮫河橋谷町があった街…新宿区「若葉・南元町」

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.