どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

新小岩アンダーグラウンド横丁「スバル飲食街」が廃れ過ぎててヤバイ

新小岩駅南口からルミエール商店街に一番通りには入らず、平和橋通りを挟んだ東側の住宅街に、まるで戦後のドサクサを思わせるような怪しげな横丁が残っている。

葛飾区 新小岩

「スバル飲食街」と書かれたアーチ看板が掛かった、なんとも末枯れた佇まいの横丁。駅前の賑やかさとは裏腹に殆ど廃墟同然のような佇まいを見せている。隣のたい焼き屋も潰れたままでテント看板だけが残って中身はからっぽ。

葛飾区 新小岩

通りに面したアーチ看板の奥を覗きこむと、これまた味わい深い路地裏風景が現れる。猫の額程のごく小さな横丁だし、駅前からの人の動線からはさっぱり外れた場所にこれがあるという理由がよく分からない。ただ駅からさほど離れてもいないのは確かだ。平和橋通りのすぐ裏だし。

葛飾区 新小岩

アーチの右側にはどこかしら赤線地帯の趣きすら漂わせるスナックの建物。2階部分の菱形のくぼみがアクセントとなっている。これはルミエール商店街を抜けた先にある「丸健カフェー街」の兄弟分かも知れないよね。

葛飾区 新小岩

恐る恐るアーチ看板の向こうの「異界」に足を踏み入れる。そこは開発の手が伸びず、切り取られたかのように昭和の空間が保存されているかのような場所だ。周囲は高いマンションが目立ち、この場所だけが異空間を演出している。

葛飾区 新小岩

想像通りの展開だが、スバル飲食街の中に残る建物は多くがバラック建ての粗末なものだ。周囲には大量に水を含んだ段ボール箱が積まれていたり、錆び付いたリヤカーが立て掛けられている。

葛飾区 新小岩

末期的佇まいの廃業したバー「プレゼント」が猛烈に渋い件。しかし周囲は建物も解体されて歯抜け状態になってますね…

葛飾区 新小岩

スナックの看板が掛かる各店舗も、果たして営業しているのかどうかも怪しい佇まいだ。数年後にはもしかすると何かの拍子に取り壊されて、誰も知らないうちにマンションに変わってしまっているかも知れない。新宿ゴールデン街辺りのようにメジャーではないバラック飲食街の存在を知る住民は、恐らく一握りだろう。

葛飾区 新小岩

「スナック憩」の軒先に積まれた大量の段ボール箱とゴミ類。どう見ても営業してません。

葛飾区 新小岩

で、その向かいには明らかにソッチ系店舗としか思えない「セリクラ」と書かれたいかがわしい系の店舗である。廃墟同然の路地裏のど真ん中にこんな店があるという展開がいかにも怪しすぎる。

葛飾区 新小岩

店舗横に置かれた立て看板や募集広告の類が色々香ばしくてたまりません。じっくり見ていく事にしましょうか。

葛飾区 新小岩

どう考えたらこんなギャグみたいなセンスの悪い立て看板になるのかと感心するほどその手の店の看板としてはお見本過ぎる。そう言えば同名の店舗が船橋駅南口の怪しい一画にございますな。

葛飾区 新小岩

「お金ほしい女性集まれ」と単刀直入過ぎる見出しのスタッフ募集看板も笑いが止まらない。その下の「遊び感覚で お茶飲んだり・カラオケ行ったり。時間も自由・面接もなく まったく遊び感覚だ!!」とつらつら書かれた頭の悪そうな文章もとても素晴らしい。

葛飾区 新小岩

しかし2013年に再訪するとこんな状態になっていた。セリクラは廃業。路地に残るのは雑然としたガラクタ置き場か廃墟と化した飲食店か…

葛飾区 新小岩

このような看板もろくに掲げていない怪しげな飲食テナントくらいしか見かけない。もはや飲食街という体も成していないというのがよく分かる。



The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.