文京区

文京区

95年の歴史に終止符!2015年3月末に閉鎖された「文京区設真砂市場」

東京には至る所に戦前からの歴史を持つ古い市場が生き残っているのだが、先日練馬区の江古田市場が無くなったばかりなのに、また大正時代からの歴史があった市場が無くなろうとしている。文京区にある「文京区設真砂市場」だ。
文京区

文京区白山にある朝鮮総連直営の北朝鮮専門書店「コリアブックセンター」が休業すると聞いて慌てて行って来た

2015年の現在、ISIS(いわゆる自称イスラム国)の台頭、一連の日本人人質事件や自国が対テロ戦争に巻き込まれる世界の潮流の変化を尻目に、これまで「悪の枢軸」「独裁国家」「日本人拉致問題」などのキーワードで絶えず注目されてきたのに、すっかり...
文京区

湯島天満宮とその周辺の非戦災地区 (2)

湯島天神の前に広がる「天神下」は古くからの花街だったと言われているが、現在はホテル街だったり怪しいバーが立ち並んでいたりと胡散臭さばかりが際立つ場所になっている。 隣り合うカオスゾーン上野の瘴気にやられた感が全開な訳だが、湯島天神から男坂を...
文京区

【本当に文京区?】上野の瘴気に触れた街・湯島三丁目「上野仲町通り」南側

恐らく一般的にイメージされている「文の京」文京区とは最も真逆の位置にあるのが、湯島三丁目の「上野仲町通り」南側の一画であろう。ここは東京で一番胡散臭い歓楽街が形成されている上野エリアの一部であり、もはや文京区の一部と認識されていない。住所で...
文京区

【本当に文京区?】上野の瘴気に触れた街・湯島三丁目の「お化け横丁」を歩く

東京大学を含めた数々の文教施設が密集する「文の京」こと文京区も、その外れの湯島三丁目まで来るとほぼ「上野」と同等であり、下町かぶれした品のない歓楽街が連なっているが、厳密にはエリアによって微妙に毛色が違っている。
文京区

【大人の文京区】これでも文京区か!ホテルだらけの怪しい街「湯島」を歩く

東京に住む人間からすれば「湯島と言えばラブホ街」と言うほど強い固定観念を抱く、その実態はどんなものかしらと我々取材班も湯島界隈の街をずんずん歩いてみる事にした次第。
文京区

湯島天満宮とその周辺の非戦災地区 (1)

今回東京DEEP案内取材班が訪れたのは、文京区湯島。下町と高級住宅地が崖線を境目に分かれていたり、学業成就祈願のメッカ湯島天神や東京大学に近いかと思いきや、怪しいネオン街が近接する、それはそれは両極端な街である。 湯島の街は千代田線湯島駅...
東京都

本駒込五丁目・駒込神明町の花街跡を歩く

次は駒込駅東口から南側一帯に続く「アザレア通り」沿いに進んでみる事にする。 アザレアとは日本のツツジである。駒込と言えばツツジが有名らしく、駅周辺の線路沿いに大量のツツジが植えられているのだ。春先にならばツツジが満開となるが、駅の発車メロ...
東京都

文京区本郷・樋口一葉ゆかりの路地裏 (4) 一葉旧居跡

文京区本郷四丁目、菊坂通りを外れた低地の路地裏の一角に、樋口一葉が暮らしていた旧居跡がある。 我々のような路地裏フェチでなくとも一般的にかなり有名な場所なので、改めて説明するまでもないようだが、実際やってくると、石畳や狭い路地は当時のまま...
東京都

文京区本郷・樋口一葉ゆかりの路地裏 (3) 菊坂下町

本郷三丁目駅方向から菊坂通りをずんずん歩いて行くと、樋口一葉が暮らしていた菊坂下町一帯に辿り着く。 菊坂通りから階段が伸びるその下が菊坂下町。階段の前にも板葺きの立派な古民家があって、非常に風情のある場所だ。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました