どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

新大久保だけではなかった!新宿区にあるもう一つのコリアタウン「若松河田」を歩く

新宿区新大久保と言えば誰もが知ってる東京を代表するコリアタウンである。それは当たり前過ぎるのだが、実は新宿区にはもう一カ所「コリアタウン」と呼べる場所が存在する。それが都営大江戸線「若松河田」駅を中心とする、若松町および河田町エリア。

新宿区 若松河田

曙橋同様、あんまり存在感のない「若松河田」という名前の駅。都営地下鉄大江戸線の駅でございますね。東新宿の隣なので、ロケーション的には大久保の隣くらいのイメージでも差し支えない程近い。2つの地名を合わせて合成駅名としたパターンが多いのも大江戸線の特徴で、駅前の住所は若松町と河田町。

新宿区 若松河田

そんな駅前にやけに場違いな程にご立派でモダンな建物がデーンとそびえていて、「うちは大久保のような下品な街とは違うのだ」とアピールしているかのようだが、これは東京都選定歴史的建造物に指定されている「小笠原伯爵邸」。

新宿区 若松河田

昭和2(1927)年に旧小倉藩藩主の小笠原長幹の邸宅として建てられたゴージャスなスパニッシュ様式の館で、戦後は米軍に接収されて昭和50(1975)年に東京都に返還されるまで使われていたという場所。現在は民間に貸し出され高級モダンスパニッシュレストランとカフェになっていてやたらと格式が高い。

新宿区 若松河田

敷地の裏手に回ると広い中庭にはチャペルまで置かれていて、結婚式場として利用する客が非常に多い。場違いにセレブ御用達な施設となっております。あんまり我々のような野良人間には縁が無さそうですね…失礼しました…

新宿区 若松河田

こんなにゴージャスな洋館なのに、昔は「東京都福祉局中央児童相談所」として使われていた過去もある。戸山ハイツも近所にあるし福祉系の施設が多い場所柄だけの事はあるが、今でも小笠原伯爵邸の入口がやたらと公共施設っぽいのはその名残りだ。

新宿区 若松河田

で、どのへんがコリアタウンやねんという話であるが、まずは若松河田駅前から伸びる「女子医大通り」に入る。その名の通り、最近医療事故云々で話題の女子医大病院があり、かなり立派な佇まいの建物が道の両側にいくつもそびえている。相当な大病院ですよ。

新宿区 若松河田

女子医大病院の建物の中でも通りに面して建つ「一号館」は昭和5(1930)年築の重厚な近代建築で、X字型の奇抜な形状が通行人の目を引く。

新宿区 若松河田

女子医大もかなり歴史ある病院なんですが、マイケル・ジャクソンが死んだ原因としても有名な麻酔薬「プロポフォール」の小児患者への投与で死亡例が相次いだ事が発覚し医療機関としての立場がかなり危うくなっている真っ最中。そんな病院の前を素通りしますね。

新宿区 若松河田

女子医大病院の敷地を過ぎてさらにその先へ。するとこの若松河田が何故コリアタウンなのかが一目で分かる施設がある。「東京韓国学校」だ。日本の学校教育法に基づく「一条校」ではない韓国学校としては現在日本国内唯一の学校である。

新宿区 若松河田

東京韓国学校は戦後の昭和29(1954)年に設立、当初は民団中央本部の主導で在日韓国人向けに立ち上げられた教育機関だったが、韓国が経済成長を始める1980年代から韓国からの駐在員や留学生などが生徒の多くを占めるようになったといい、現在は殆どニューカマーが中心。設立から60年で、これまでの卒業生は約1万人に達している。

新宿区 若松河田

初・中・高等部を合わせると生徒数は千人近いなかなかの大所帯。生徒の親も大企業勤めの韓国人ビジネスマンや富裕層が多く、韓・日・英三ヶ国語が話せるトリリンガルを育成するなど教育レベルも高い。「パッチギ!」の世界みたいに荒れまくっている朝鮮学校とは違って、随分エリート校っぽいですよ?

新宿区 若松河田

すなわち、東京韓国学校がある街「若松河田」は在日韓国人の教育の中心なのである。女子医大通り沿いに見かける電柱広告を見よ。物の見事に韓国人向けの広告ばっかりである。

新宿区 若松河田

女子医大通りと言うよりは「ハングル広告通り」と呼びたくなる程のこの勢い、これが「韓国の街の風景です」と言われても全く違和感ございません。

新宿区 若松河田

ある意味、大久保以上にコリアコリアしまくっている訳ですが、大久保がニューカマー韓国人向けの繁華街であるのに対して若松河田の場合は学生街の趣きが強い。ハングル広告もよく見りゃ教育関係のものばかりだ。

新宿区 若松河田

東京韓国学校から曙橋方面に向かうと、こちらも韓国人向けの学習塾や語学スクールみたいなものがあったり、ハングル率が高い。何よりも学生のような若い韓国人の姿も多く見かける。

新宿区 若松河田

コンビニの居抜き店舗となっている韓国人向けスーパー。ASIA市場&ソウルフライドチキンだと。最近ヤンニョムチキンとやらが流行っているらしくて大久保でもこの手の店を多く見かけますが。

新宿区 若松河田

で、そんなコリアン全開な場所にご立派にそびえているのが旧フジテレビ社屋があった河田町の再開発地区に出来上がったUR都市機構の高級タワーマンション「河田町コンフォガーデン」である。ここまで来ると最寄りは曙橋駅の方が近いですが…

新宿区 若松河田

こちらの方は1997年にフジテレビ社屋がお台場に移転した後に再開発工事が進められ、2003年から街開きしている。東京韓国学校の近所にある場所柄、タワマンの住民も韓国人が多いそうで…何かとフジテレビが韓国びいきだとかネトウヨに叩かれてるけど、河田町の頃から関係が深かったんでしょうかねえ…とか思ってしまった。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.