「 浦安市 」一覧

全13件中 1〜13件目を表示

【マリナーゼからドロヌマーゼへ】東日本大震災の液状化被害を受けた「舞浜」を歩く (2011年・全2ページ)

【マリナーゼからドロヌマーゼへ】東日本大震災の液状化被害を受けた「舞浜」を歩く (2011年・全2ページ)

京葉線舞浜駅で降りる。ここは東京ディズニーリゾートへ遊びに来る観光客でなければ、わざわざ訪れる機会もないような場所だ。しかしここも3月11日の大震災で新浦安同様深刻な液状化被害に見舞われ、折りしも計画停電など電力供給の不安定な事情もあり肝心...

>記事全文を読む

【ウ○コナガレネーゼ】東日本大震災の液状化被害で洒落にならない「新浦安」の状況 (2011年・全3ページ)

【ウ○コナガレネーゼ】東日本大震災の液状化被害で洒落にならない「新浦安」の状況 (2011年・全3ページ)

2011年3月11日午後2時46分に三陸沖で発生したM9.0の巨大地震は日本において社会情勢も人の心も街の姿も何もかもを変えてしまった。シャレにならない天災の前に平和な暮らしは一瞬で崩れ去った訳だが、それでも日々は続いていく。 東京で...

>記事全文を読む

NO IMAGE

浦安「沖の百万坪」の痕跡を探す

浦安市郷土博物館で浦安の漁村の歴史を色々と見てきた訳だが、「沖の百万坪」と呼ばれた広大な干潟がことごとく埋め立てられた後に作られた新浦安のマンション街の最果てには、やはり海が広がっている。 浦安市のメインストリート「やなぎ通り」、東京から...

>記事全文を読む

NO IMAGE

昭和27年頃の街並みを再現・浦安市郷土博物館 (2)

まるっきり漁村だったかつての浦安の街並みが見事に再現されているという浦安市郷土博物館を訪れた。 昔の浦安の街を舞台にした文学として知られるのは山本周五郎の「青べか物語」。その作中に出てくる、かつて実在した天ぷら屋「天鉄」の再現建物が屋外展...

>記事全文を読む

NO IMAGE

昭和27年頃の街並みを再現・浦安市郷土博物館 (1)

東京の目と鼻の先にあるくせに千葉県だったりする浦安市は、かつて漁業の町で、東西線が開通する昭和40年代以前まではアサリ漁などで生計を建てる漁師が住む辺境の田舎町だった訳だが、そんな昔の浦安の風景をそのまんま再現した博物館が浦安市役所の隣にあ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

浦安海岸・ディズニーリゾート隣にホームレスの夢の国 (3)

東京ディズニーリゾートの外側に広がる浦安海岸にホームレスが住み着いているという話を聞きつけて実態を知るべく現地を訪れた。 「沖の百万坪」と呼ばれた広大な干潟が埋め立てられてディズニーの夢の国と化すまでに漁業権の放棄や開発による利権に群がる...

>記事全文を読む

NO IMAGE

浦安海岸・ディズニーリゾート隣にホームレスの夢の国 (2)

日本最大の遊園地であり日本最大のリア充の楽園である東京ディズニーリゾート、その目と鼻の先には旧江戸川河口で釣り人とホームレスが悠々自適な時間を過ごす、知られざる日常風景があった。 舞浜大橋の先は浅瀬になっているため、この場所に魚や貝を採る...

>記事全文を読む

NO IMAGE

浦安海岸・ディズニーリゾート隣にホームレスの夢の国 (1)

東京ディズニーリゾートがある浦安市舞浜、おそらく我々東京DEEP案内取材班にとっては最も縁遠い場所で、こんな街に取材に来る事なんか絶対ねーだろと思っていた訳だが、とうとう来てしまった。 京葉線舞浜駅。毎日全国各地からこの土地には沢山の人々...

>記事全文を読む

NO IMAGE

漁村の名残り「浦安」 (5) 浦安魚市場

今では旧市街地の一部のみに昔の漁村の街並みを残すだけになった浦安であるが、ところがどっこい、浦安駅に程近い場所に築地の場外市場よろしく魚市場が現存している。 その名も「浦安魚市場」。そのまんまなネーミングであるが本当に駅のすぐ近くにあるの...

>記事全文を読む

NO IMAGE

漁村の名残り「浦安」 (4) 青べか物語

浦安の旧市街地はかつて「べか船」と呼ばれる海苔採りに使われる小型船が数多く停泊していた境川を中心とする猫実・堀江付近にあり、境川に沿ってフラワー通りを抜けて旧江戸川に至る道を歩くと、未だに漁港の名残りを留める風景が随所に見られる。 周辺の...

>記事全文を読む

NO IMAGE

漁村の名残り「浦安」 (3) フラワー通り

浦安駅から南へ歩き、猫実の庚申塔などがある一角を通り過ぎて境川を跨いだ先に「フラワー通り」という古い商店街がある。 いまや商店街と呼ぶのもいささか躊躇われるような寂れっぷりを見せている場所だが、東西線開通前の漁村だった頃には浦安の街で最も...

>記事全文を読む

NO IMAGE

漁村の名残り「浦安」 (2) 浦安市猫実

再び東西線浦安駅を訪れた。 ここは東京の中心・大手町から快速電車でたったの15分で行ける「千葉県」である。 昭和44(1969)年に東西線が東陽町から西船橋までの区間で開業するまではまさしく陸の孤島でしかなかった浦安の街であるが、それから...

>記事全文を読む

NO IMAGE

漁村の名残り「浦安」 (1) 当代島の船溜まり

東京23区唯一という人工ではない自然の島「妙見島」を訪れたついでに、県境を跨いで浦安駅まで歩く事にした。 浦安橋を跨いで妙見島から対岸にすぐ都県境が現れる。此処から先はもう千葉県なのである。 かつて東京都と千葉県の境にある葛西や浦安といっ...

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.