記事を人に教える

ガチな下町「荒川区町屋」 (2) 尾竹橋パチンコ通り

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

千代田線町屋駅を出た所で街を南北に走る道路が「尾竹橋通り」である。隅田川と荒川を跨いで町屋から足立区西新井まで続く下町ぶっちぎり街道だが、町屋駅周辺の区間では駅前商店街が形成されていて、賑やかな街並みとなっている。
25-76.jpg
しかし駅前のサラ金店舗揃い踏み状態を見ても分かるようにベタな下町にはありがちな光景だがパチンコ屋がやたらめったら多いのが町屋尾竹橋通りの特徴。どれだけこの界隈でパチンカス貧民がカモとなっているのか考えるだけでも恐ろしい。


25-75.jpg
比較的大規模な建物が少ないぶん、こうした派手なパチンコ屋の建物だけは異様に目立つ。ただ一軒だけ東日本大震災の影響で内装がぶっ壊れたらしく営業を辞めてしまっている店が見られた。
25-79.jpg
町屋駅の北側から尾竹橋通りを南下しつつパチンコ屋が何軒あるのか数えてみる事にした。大規模なものからこじんまりとした店まで、多い多い多すぎるぜ。
25-80.jpg
あまつさえ2軒並んでパチンコ屋が隣り合っているという間抜けな光景まで見られる。これで合計5軒。駅の北側だけでこんな有様である。どうなってるんでしょうねこの街は。
ただ「駅前一等地」という法則からは外れていてどの店も駅から少し離れた場所に固まっている。唯一京成線駅前に一軒だけパチンコ屋がある他は殆ど尾竹橋通り沿いだ。
25-59.jpg
都電荒川線の踏切を跨いで今度は駅の南側一帯を歩いていく事にする。南側にはパチンコ屋が2軒。こちら側は寂れた印象が強くそれほどギラギラした感じではない。結局町屋駅周辺だけで8軒もパチンコ屋が密集しているらしい。貧民街としてのポテンシャルは一級品である。
25-143.jpg
尾竹橋通りを南下すると京成線の古ぼけた鉄骨剥き出しの高架を跨いで三河島方面に行く事が出来る。
25-85.jpg
尾竹橋通り沿いは綺麗で無機質なマンションが乱立しまくっていていささかつまらないが、京成線側に伸びるY字路に逸れていくと古くて胡散臭い飲食店やアパートの建物がびっしり道沿いに残っている。
25-86.jpg
既に廃墟の貫禄がバリバリ感じられる飲食店の成れの果て。色あせて殆ど消えかかった看板には辛うじて「金松園」と書かれているらしき店の屋号が見える。焼肉屋か何かの残骸だろうか。
25-87.jpg
町屋から新三河島駅に向けて一直線に伸びる京成線の高架下も少し前までは素晴らしい高架下バラック建築の宝庫が残っていたはずだが、新型スカイライナーが走る京成スカイアクセス線整備のためという名目で物の見事に立ち退き解体されて、随分すっきりと姿を変えてしまった。
25-148.jpg
ちなみにほんの3年前までは立ち退き前の建物がびっしり残っていて、怪しげな佇まいを残していた。それも焼肉屋や中華料理屋といった店ばかりなのが荒川区テイストな感じだった訳だが、高架下建築が立ち退きを食らったのはこの直後だ。
25-149.jpg
そんな街並みには共産党事務所がよく似合う。立ち退いた高架下の住民は一体どこに行ったのだろう。新型スカイライナーに乗って颯爽と成田空港と都心を行き来する小洒落た人種には決して知られる事のない風景がそこにはある。

パチンコ「30兆円の闇」―もうこれで騙されない
溝口 敦
小学館
売り上げランキング: 58074
なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書226)
若宮 健
祥伝社
売り上げランキング: 6295
The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.