「 さいたま市 」一覧

東京DEEP案内単行本、全国書店・Amazon等で絶賛発売中。

東京DEEP案内10年目、本気の書籍化!消去法であぶり出す「住みやすい街」探しの新バイブル、街のネガティブ情報大全。発売たちまち3万部突破の大衝撃!首都圏在住者、不動産関係者が大注目!

全19件中 1〜15件目を表示

北浦和駅前に昭和過ぎるオツな酒場通りが生き残っていた!「三州屋商店会」を歩く

北浦和駅前に昭和過ぎるオツな酒場通りが生き残っていた!「三州屋商店会」を歩く

今回当取材班がやってきたのは、さいたま市浦和区、京浜東北線北浦和駅近くの一画。浦和と大宮に挟まれて地味な存在感を放つこの界隈だが、滅多な用事では降りる機会も無さそうな場所にわざわざ来た理由…それは「北浦和駅近くにボロくてヤバイ飲食街がありま...

>記事全文を読む

大胆過ぎる居抜き物件!そのまんま「元キャバレー」な駐輪場が北浦和駅前にありました

大胆過ぎる居抜き物件!そのまんま「元キャバレー」な駐輪場が北浦和駅前にありました

京浜東北線に乗ってひたすら大宮方面に向かうと、大宮の3つ手前、浦和の次のところに「北浦和」という駅があり、このへんに来るとかつてのテレビ番組・タモリのボキャブラ天国にあった山本リンダの替え歌ネタで「浦和は7つの駅がある」というのを脊髄反射的...

>記事全文を読む

どうしてこうなった!ほぼ廃墟化しながら生き長らえるゾンビモール「岩槻名店街」 (全2ページ)

どうしてこうなった!ほぼ廃墟化しながら生き長らえるゾンビモール「岩槻名店街」 (全2ページ)

さいたま市岩槻区。2002年に自治体合併でめでたく埼玉県内初の政令指定都市となった「さいたま市」の中でも一足遅れて編入された旧「岩槻市」にあたる地域だ。人形の街、それから東北道岩槻インターのホテル街が有名ですね。

>記事全文を読む

大宮の24時間営業老舗喫茶店「珈琲館伯爵邸」…実は隠れた埼玉の沖縄なのである

大宮の24時間営業老舗喫茶店「珈琲館伯爵邸」…実は隠れた埼玉の沖縄なのである

久々にやってきたのは埼玉で一番都会らしい大宮駅東口ですよ。東京と東北・北関東・信越への結節点である巨大ターミナル駅ですね。県庁所在地の浦和を差し置いて人混みの多さはなかなかのもの。しかし東口の駅前風景は前時代的な空気を色濃く残している。都会...

>記事全文を読む

NO IMAGE

埼スタ脇の廃ホテルと謎看板「たいへんなことになりますよ」

東京という大都会を間近に控えながらどこかしら道を外れたような町並みが香ばしい埼玉県の郊外風景には個人プレイ炸裂な電波物件が転がっている。また訳の分からない物件を目撃してしまったのでこの場でレポートしたいと思う。 それは埼玉スタジアム脇にあ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

中華タウン化が激しいと言われる大宮「東宮下団地」見学 (2)

さいたま市見沼区にある県営東宮下団地一帯は中国人やベトナム人を中心に外国人住民が流入する多国籍化団地の一つである。その話を耳にした東京DEEP案内取材班、意気揚々に団地の様子を伺いに来た訳だが、海外放送受信用のでかいパラボラアンテナを掲げた...

>記事全文を読む

NO IMAGE

中華タウン化が激しいと言われる大宮「東宮下団地」見学 (1)

首都圏になだれこむ外国人の数は年々増えつつあり、東京近郊の住宅街にも多国籍化の波が押し寄せている。埼玉県では川口市(最寄りは蕨駅だが)の芝園団地が中国人だらけの団地になっている訳だが、大宮の東宮下団地も同様に中国人が多数住むようになったとい...

>記事全文を読む

NO IMAGE

文教都市浦和!予備校銀座「南浦和」を歩く (3)

予備校学習塾だらけの「文教都市浦和」を象徴するような街、南浦和の実態を色々観察してきた訳だが、隣に西川口や蕨といった底辺ゾーンを抱える中でよくぞここまで文化の壁を感じさせてくれる街並みにある意味感心。 しかしこの街の特徴を単眼的に眺めてい...

>記事全文を読む

NO IMAGE

文教都市浦和!予備校銀座「南浦和」を歩く (2)

次は南浦和駅の東口一帯を見る事にしよう。この東口を出た所からまっすぐ伸びるメインストリート沿いにも予備校や学習塾が固まっている文教都市ならではの風景を目にする事が出来る。 しかし駅に程近い場所は予備校よりもパチンコ屋の方が目立っていた。埼...

>記事全文を読む

NO IMAGE

文教都市浦和!予備校銀座「南浦和」を歩く (1)

ダサイタマだの田舎だの言われても浦和の人には「浦和だけは違うから。文教都市だから」と反論されてしまう。 実際に浦和という土地は埼玉の中でも教育熱心な家庭が集まり、浦和の住宅地を見ていてもアッパーミドル級のそこそこご立派な一軒家が沢山見られる...

>記事全文を読む

NO IMAGE

さいたま市岩槻区いわくつきアウトロード (2)

ひょんなきっかけでさいたま市岩槻区南端の田園地帯を歩く事になった訳だが、都心から至近距離にあるにも関わらずまだまだ広大な田圃が残っていて色んな意味で驚く場所だ。 この土地は2001年に埼玉高速鉄道が開通し、つくばエクスプレス沿線に加えて首...

>記事全文を読む

NO IMAGE

さいたま市岩槻区いわくつきアウトロード (1)

首都東京は人口飽和状態にあって土地が無いなどとはよく聞く話だが、それも埼玉という隣の土地の存在を考えると嘘のような話だ。とっくに埼玉は東京のベッドタウンとして開発されまくっているが、それも鉄道が走っている街に限った話で、ちょっと街を外れると...

>記事全文を読む

岩槻・ジブリキャラ集合「トトロ公園」で遊んできた(入場無料)

岩槻・ジブリキャラ集合「トトロ公園」で遊んできた(入場無料)

ディズニーとジブリは言わずと知れたアニメブランド。アニメ界の黄門様の印籠的存在だが、千葉県木更津市のミッ◯ー広場に次いで埼玉の田園地帯にもジブリキャラ大集合の謎めいた公園があるというのでわざわざやってきましたよ。

>記事全文を読む

NO IMAGE

大宮駅前・放置プレイの地下街「大門地下道」 (2)

大宮駅東口に眠る謎の地下街「大門地下道」。そこは既に地下街としての機能をほぼ失い、通路は倉庫同然に使われていた。 通ってきた地下街の通路を振り返ると、こう見えても結構広い事が分かる。昭和35(1960)年に大宮駅前の中心市街地を襲った大火...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大宮駅前・放置プレイの地下街「大門地下道」 (1)

大宮は東京のベッドタウンとしてだけではなく、北関東における一大拠点都市として位置付けられていただけあって、戦後は早くから商店街やデパートなどの商業施設の建設が活発に行われていた。 大宮駅東口も今となってはデパートらしい施設と言えば高島屋く...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.