市川市

市川市

市川の梨園地帯に鎮座するヤンキーDQN仕様な巨大ゲーセン「大慶園遊園地」

「ゲームセンター」という空間、今でこそ真新しく綺麗な場所が増えて昔のイメージからは遠ざかりつつあるが、それこそインベーダーゲームが流行っていた頃から90年代までのそれというのは、不良の溜まり場のイメージが強く絶えず不穏な空気が漂っていた。そ...
市川市

千葉のムスリム街は既に東西線行徳駅前にありますから。マジで国際化が激しい件

先日こんな報道があったんですが... 「千葉にムスリム街を」市長提言 海外からの集客狙う 千葉市の市長がムスリムタウンを作る云々という提言を行ったという話、日本ではイスラム教徒が本国同様に、特にハラルフードや日々の礼拝などイスラ...
市川市

産廃と残土の山「行徳富士」の中はこうなってました

市川市の行徳地区は昭和44(1969)年に地下鉄東西線が出来てから急激に宅地化が進んだエリアで、元からある集落を除けばその大部分がニュータウン的な街である。妙典駅から南東1キロの場所に「行徳富士」と呼ばれている山がある。湾岸地域であるにも関...
市川市

市川・本八幡にある謎の手作り風ビルディングは千葉の生ける伝説・ジャガーさんの「洋服直し店村上」でした

JR本八幡駅周辺の繁華街を歩いていると色々変な物件が目に飛び込んでくる。それがパチンコ屋だったり風俗街だったり戦後の闇市風情が残る路地裏だったりと総じて怪しいのが特徴だが、とりわけこの建物は特に気になった。
市川市

市川市本八幡 (9) 永井荷風終焉の地

JR本八幡駅周辺を見るとパチンコ屋だらけだったりディスカウントスーパーだらけだったりで、いかにも貧民街だと思わせる要素が満載だった訳だが、京成八幡駅の北側に出ると雰囲気は一変し、江戸時代の防風林の名残りと言われるクロマツ林がちらほら残る比較...
市川市

市川市本八幡 (8) 再開発地区・八幡横丁<後編>

戦後の名残りを留める商店街「八幡横丁」の終端に出ると京成八幡駅前の踏切に出てくる。 表側から見ても「横丁」と呼んで差し支えない程道幅が細い商店街であることが窺える。残念ながら今となっては解体工事が始まってしまい、中の様子を見る事もできない...
市川市

市川市本八幡 (7) 再開発地区・八幡横丁<中編>

引き続き、再開発計画で跡形も無くなってしまう幻の商店街「八幡横丁」の様子を見て行く事にしよう。 八幡横丁は戦後に賑わった古い商店街で、商店主の高齢化で次々廃業する店が相次いで、最後は半分シャッター通りのような状態になっていた。かなり古い外...
市川市

市川市本八幡 (6) 再開発地区・八幡横丁<前編>

本八幡駅の北口というと、今まさに再開発計画の真っ只中にあり、街の様子が慌ただしく変貌しつつある。 既に街の一部は再開発が完了して、超高層ビルが立ち並ぶ無味乾燥な景色に変わってしまっている。しかしそこにあるのは貧民大歓喜のディスカウントスー...
市川市

【市川市】サイゼリヤ発祥の地!「本八幡」駅北口の商店街と胡散臭い路地裏を歩く

市川市最大の繁華街・本八幡周辺をしこたま散策し続ける東京DEEP案内取材班。
市川市

市川市本八幡 (3) 本八幡南口<後編>

本八幡駅南口から少し歩いた所にサンロード商店会という通りが横切っている。 この付近は買い物客で賑わっている訳でもなく飲食店がぽつぽつ並んでいる程度だが、ちょっと怪しげな雰囲気の一角がある。
市川市

市川市本八幡 (2) 本八幡南口<前編>

市川市の中心街となっている本八幡駅界隈。再開発計画で見る見る高層マンションが林立する北口とは対照的に、南口はいかにも総武線沿線クオリティ丸出しの下町テイストな商店街が広がっている。 どこか垢抜けない感じは否めない南口の界隈だが、飲食店も普...
市川市

市川市本八幡 (1) 駅前フルDQN仕様

総武線に乗って秋葉原から約20分、江戸川を渡り千葉県市川市に入った二つ目の駅「本八幡」。隣の市川駅を差し置いて、事実上の市川市の中心繁華街を形成している。 総武線だけではなく都営新宿線も乗り入れている本八幡駅は新宿方面のアクセスも比較的良...
市川市

法華経寺門前町「下総中山」 (4) 法華経寺境内

千葉の鎌倉などと言われていたという市川市の中山法華経寺周辺の街並み。そういえば猫と戯れてきただけで肝心の法華経寺境内をすっぽかしていた。 境内の中心にある大祖師堂には現在も地元はともかく全国の日蓮宗宗徒が参拝する。浅草寺や本門寺といった都...
市川市

法華経寺門前町「下総中山」 (3) 猫と荒行堂

ひょんなことから訪れた日蓮宗大本山、市川市の古刹「法華経寺」。 珍しく、寺の境内にも商店が並んでいる。土産物を売っている他、参拝客に軽食や甘味を出す店が多い。浅草寺や鎌倉といった有名な場所と比べると人通りも少なく落ち着いた雰囲気だ。
市川市

法華経寺門前町「下総中山」 (2) いわゆる地域猫

千葉県でも成田山新勝寺と並ぶ有数の信仰拠点として知られている中山法華経寺の門前町周辺をふらりと散歩にやってきた東京DEEP案内取材班。 そういえば最近神社仏閣ネタが多い。それも日蓮宗の寺ばかり。杉並区の妙法寺や大田区の池上本門寺も最近訪問し...
市川市

法華経寺門前町「下総中山」 (1) 駅前商店街

最近、千葉率の高い東京DEEP案内取材班です。 またしても総武線に乗って江戸川区の向こうにやってきたのである。 基本的にベッドタウンとしてのイメージしかない千葉県だが、変わった所はないのかと調べると、西船橋の一つ手前にある「下総中山」の駅周...
市川市

市川市行徳 (3) 新浜鴨場・野鳥の楽園

行徳駅南口からミニSLが走る駅前公園や市橋容疑者の住んでいたマンションを通り過ぎてさらに海側に進むと、新浜という地区に辿り着く。 ここまで来るといきなりビニールハウスが出てきたりして、途端に風景が田舎臭くなる。東京都心から近いとは言え、こ...
市川市

市川市行徳 (2) あのマンション

行徳駅南口のフラワー通り商店街を過ぎると、行徳の地元民が集まる「駅前公園」が現れる。基本的に行徳もファミリー向け住宅が多い街なので、休みともなると周辺の親子連れが結構集まって賑やかな空気に包まれる。 しかしこの行徳駅前公園、少し変わってい...
市川市

市川市行徳 (1) 東西線行徳駅前

最近地下鉄東西線率の激しい東京DEEP案内取材班。浦安から西船橋までの所謂「千葉メトロゾーン」の街並みは都内の江戸川区あたりと何も変わらない住宅密集地と化している。 かつては干拓地で海苔やアサリ漁、塩田などで生計を立てていた純田舎地帯だった...
市川市

地下鉄東西線最弱駅決定戦「原木中山」 (3)

原木中山駅から南側に出てしばらく歩くと、江戸川放水路の河川敷にぶつかる。 千葉県の東西線沿線で唯一どうにも発展しないこの街の原因の一つには、この江戸川の存在があるとされる。 川の向かいの行徳地区にある妙典駅周辺は巨大なショッピングモールま...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました