どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

西の歌舞伎町と呼ばれていたらしい「八王子駅前」の怪しい街並み(2009年)

八王子のメインストリート「西放射線通り」から一歩南側にずれると、いきなり猥雑な町並みが飛び込んでくる。

67-10.jpg

のっけから「花びら回転系」ヘルスが軒を連ねる「三崎町」界隈の風俗街だ。八王子駅を降りた西側一帯、三崎町交差点を中心に八王子駅前までの「みさき通り」と、西放射線通りからJR中央線線路までの「野猿街道」を中心に歓楽街が密集している。

67-11.jpg

メインストリートから一歩離れるだけで急激に人並みが途絶えるのが八王子の歓楽街の特徴だが、ことさら三崎町に足を突っ込むとその怪しさから人が寄り付こうとしないのか、まるでゴーストタウンのような風情の中に風俗店ばかりがギラギラとネオンサインを輝かせているような感じだ。

67-12.jpg

そして何よりも異様なのが、野猿街道に沿って通りを埋め尽くすオレンジ色の街灯。八王子の裏の顔、歓楽街を照らす怪しい光はなぜか廃墟ばかりを浮かび上がらせる。昔はもっと栄えていたのだろうか。

67-13.jpg

路地裏にもピンサロ「サクセス」の店舗が見える。隣接する西放射線通りでいつもティッシュ配りしているオッサンがいたりして、八王子で夜遊びしている者ならまず知らない人はいないと言われる有名風俗店。

67-14.jpg

西放射線通りから三崎町交差点までを南下する野猿街道に古びた商店の廃墟が並ぶ。紫色の看板がこれまた怪しいと思ったら、沖縄料理の居酒屋だった。

67-15.jpg

タバコ屋の商店の廃墟には何の会社かわからない事務所の看板。街灯の眩しさとは裏腹に、三崎町界隈はひたすら廃墟だらけ。

67-16.jpg

向かいにも、軒並みシャッター街と化した商店群が入居する2階建ての商業ビル。地方都市によくありがちな駅前の空洞化現象は、ここ八王子においても例外ではないということか。

67-17.jpg

まだ夕方6時台というのにこの閑散とした路地は異常。夜中に歩くのもためらわれるくらい不気味な街である。

67-18.jpg

そうこうしているうちに三崎町交差点にたどり着く。何軒か飲食店があるが栄えている様子はない。ここで左折すると「みさき通り」を経て八王子駅北口だ。

67-19.jpg

先ほど通り抜けてきた野猿街道を振り返る。オレンジ色の街灯は高速道路によく使われる他、虫が寄り付きにくい効果もあるのだが、街灯をつける場所によっては街の怪しさを掻き立てるアイテムとなる一つの実例を見た気分だ。

67-20.jpg

八王子駅前に抜けるみさき通り沿いにも風俗店がやたらひしめいている。プレイボーイとはまるっきりそのまんまなネーミングだな。所々飲食店もあるが、主役はやはりこうした店ばかりとなる。

67-21.jpg

無料案内所もあるあたり、この界隈が八王子におけるナイトスポットであることをよく表しているが、みさき通りからさらに南側の一帯はもっと怪しい。もう少し三崎町界隈をうろうろしてみよう。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る