どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【川崎国の闇】川崎遊郭から赤線地帯とアウトローの街へ…川崎市川崎区「南町」を歩く 

<1ページ目を読む

川崎市 川崎

南町は、もとは江戸時代にあった川崎宿に設けられた川崎遊郭(今の堀之内の辺りにあった)が明治36(1903)年に神奈川県の命令により移転して成り立ったと言われる。川崎遊郭移転後の堀之内も、無許可営業の私娼窟がのさばり、黄金町と並ぶ規模に膨れ上がり結局現在に続いている。

川崎大師への参拝帰りに遊んで行く男衆で昔から賑わっていたという川崎遊郭は、あの金山神社「かなまら祭」の元となった飯盛女達の性病除けの願掛け「地べた祭り」のルーツであり、川崎の歴史において重要な存在なのだ。

川崎市 川崎

路地に入るとお目に掛かれる、二階部分に独特な意匠が施されたこちらの木造家屋。現在はただの民家として使われているようだ。現在もギラギラとネオンサインを輝かせる堀之内町とは対照的に、古い赤線建築が路地裏に残るばかりであまり開いている店がない南町の寂れ方が目に付く。

川崎市 川崎

付近を見ると道端に小さなスナックが並ぶ光景がそこかしこにある。こうした店のうち幾つかは夜な夜な裏の「商売」をやっているものと言われている。

川崎市 川崎

そして横浜の暗黒地帯「黄金町」を思わせる2階建ての意味深そうなスナックもあり。店の玄関には「お食事 おにぎり 焼おにぎり お茶漬け」などと書かれている。小料理屋である建前を保つための便宜的なものでしかない。その下には「アルバイト女性募集」とある。

川崎市 川崎

得体の知れないスナック店舗が点在する中で、要塞のような佇まいの物々しいコンクリートビルもあるというのが南町スタイル。何の事務所なのかここで聞くのは野暮というものです。お察し下さい。

川崎市 川崎

高級車が路駐する某事務所の脇から入ると未舗装の路地があり、道沿いに物凄い佇まいの平屋建てバラック家屋が見かけられる。

川崎市 川崎

隣のコインパーキング越しにバラック家屋を見て回ると…こちら側が表玄関でした。「慶」という屋号の居酒屋のようである。ちなみにこの建物は2015年中に解体されて現存しない。

川崎市 川崎

南町にはオツな佇まいの飲み屋街も残る。やはり他と同様スナックや小料理屋などが並ぶが、「たぬき」に「おてもやん」と屋号が凄まじく古風である。ちなみにここ、Googleマップで確認すると建物の名前が「おにぎり横丁」とある。

川崎市 川崎

「たぬき」の外観もまたオツである。とても一見さんが入っていける雰囲気など皆無なのだが…

川崎市 川崎

堀之内と比べると南町は古い赤線時代の建物が残るものの、ソッチ系の店舗も結構数多い。しかし肝心の客足はそれほど盛んなようには思えない。まあともかく陰気臭さが際立っている。

川崎市 川崎

川崎南町には現在もこうした店が約20店舗ほど軒を連ねている。そして価格帯が妙に安いのが気になる。パチンコ屋だって不況で玉の値段を4分の1に下げているご時世だもの、高くし過ぎると商売が成り立たないのかも知れん。貧民街の川崎だけあって。

川崎市 川崎

ともかく市内に二ヶ所もこのような特殊地帯が近接しているような街は首都圏では川崎以外に知らない。そりゃ住む人が住めば「パラダイス」なのかも知れませんがね…

川崎市 川崎

そして南町のもう一つの名物「川崎ロック座」も健在である。千葉県では既に壊滅してしまった厳しい業界だが、川崎には根強い固定客が居るようで、劇場の灯が消える事は当分なさそうだ。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.