どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

ダイエーのゲームコーナーに群がる老人!亀戸のお隣・江東区「大島」の商店街を歩く

いまいちマイナー感が抜けない都営新宿線沿線、江東区大島は2つのマンモス団地を抱えるド下町ゾーンだ。先の記事でその2つの団地を紹介したが、今回はそんな団地住民や地元の下町ピープルが日常の買い物に訪れる土着臭溢れる商店街の街並みを案内する。

江東区 大島

しかし少し路地裏に入ると結構ソウルフルな街並みが残っているもんですね、江東区大島…

団地タウン大島の下町暮らしを彩るサンロード中の橋商店街

江東区 大島

再び、都営新宿線大島駅前の「大島六丁目交差点」。丸八通りと新大橋通りが交わるところですね。ここで丸八通りを南下すれば江東区最強の激安商店街「砂町銀座」があり、逆に北上すればオウム真理教の炭疽菌バラマキ事件で知られる新東京道場があった場所に程近い、亀戸七丁目交差点に出る。

江東区 大島

大島六丁目交差点北東部、新大橋通りの北側に伸びる「サンロード中の橋商店街」が江東区大島住民にとっての買い物場所としてそこそこ栄えている。とりあえず激安惣菜店の前に行列が出来ていて、砂町銀座のそれを思わせる下町の日常風景。

江東区 大島

江東区大島と市川市南行徳と船橋市小室の三軒しか店舗がない超ローカル系スーパー「ナカムラヤダイニング」の前も多くの買い物客で賑わっている。もちろん場所柄だけに激安路線もいいところで、チラシの特売品のお値段異常。以前ここで亀戸のキッチンダイブにサシで対抗できそうな200円弁当が売られていたんですが、今もあるんでしょうかね…

江東区 大島

夕方に近づくと晩ご飯のおかずを買いに来た地元民のチャリンコが商店街を埋め尽くしご覧の通りの状況に。良い意味で生活感に溢れた商店街となっていて雰囲気も良い。隣の亀戸は中国人だらけになってしまいチャイナ系の食い物屋が多いんですが、ここの商店街はそれほど目立った感じはありませんでした。

江東区 大島

総武線沿線の小岩とかでも見かける下町ならではのグダグダっとした感じの衣料一式や安っぽそうなインテリアを適当に揃えているインディース系のファミリーファッション店もあり。

江東区 大島

さらに「竹の湯」という立派な街の銭湯も元気に営業中というガチな下町商店街なのでした。ところで…

江東区 大島

何故か空きテナントだらけでシャッター通りになっている残念なテナントビルが商店街の北端にぽつんと建っているんですが、見るからに地主さんには気の毒そうです。大島中の橋商店街のプチピ○リ守山といったところでしょうか。

昔のパチンコ屋と見紛うネオンサインが渋い大島中央銀座

江東区 大島

大島駅前から新大橋通りの南側に並行して西大島方面に伸びる「大島中央銀座」も見逃せない。まず商店街の入口にあるネオンサインが渋い。赤白青の三色トリコロールカラーはおフランス感は皆無で昔のパチンコ屋そのまんまのセンス。白が黄色だったら完璧にそうかそうかと頷いていたのだが。

江東区 大島

しかしこの商店街、あまり店舗が見当たらない…店がビッシリ両側に並んでいてお買い物天国ですよといった感じは全くしないのである。「中央」感も「銀座」感もさっぱりありませんな…チャリンコが生活の足になっている現地民が颯爽と商店街を駆け抜けていくのみだ。

江東区 大島

しかし枝分かれする路地に足を踏み入れるとそこにも三色トリコロールなネオン看板が狭い路地に目一杯チカチカと輝いているのである。足元に広がる店は昔ながらの八百屋や肉屋や土着的な食い物屋がちらほらある程度です。

江東区 大島

西大島駅前のダイエー大島店とは共存共栄してきた感に思える土着的な商店街といった印象だが、やはり商店主の高齢化が進んだ結果オワコン状態になってしまったというのが現状のようである。店を畳んでフツーの戸建て住宅に建て替わった所も多い。

江東区 大島

大島中央銀座の路地を抜けた南側にも大島四丁目アパート、五丁目アパートといった都営住宅群が連なっていてホンマモンの下町状態となっておりますが、このへんで引き返す事にしましょう…

江東区 大島

ネオン看板以外はどこか淋しげな大島中央銀座を歩いていると見かけるのが「百円」と書かれた赤い看板が目に付く激安せんべろ酒場として有名な「立ち飲み酒場番外地」である。ドリンクもつまみ各種も殆ど100円か200円という価格帯で、わざわざここに飲みに来る為だけに往復の電車賃を叩いてやってくる酒呑みも多いらしい。

写真は2014年のものだが、現在は店が移転して同じ中央銀座の大島駅寄りの一角にある。

江東区大島は東京に残された最後のダイエー王国

江東区 西大島

あと大島エリアでやたらと頑張っているのがかつての小売業界の王・中内功率いる大阪発祥の大手スーパー「ダイエー」の店舗が2店舗(厳密には大島四丁目団地のグルメシティを合わせて3店舗)も現存している事である。御存知の通りダイエーはイオンに買収後、全国の店舗が続々ダイエーの看板を下ろしてイオンにすげ変わっている非常に悲しい現実があるが、西大島駅前のこちら「大島店」と東大島駅近くの「東大島店」は未だにダイエーの看板のままだ。

江東区 西大島

そんなダイエー大島店の4階にあるゲームコーナー「らんらんらんど」には、子供連れ…ではなくいい歳こきまくりの爺さん婆さん土着ご老人御一行様がパチンコ台の前にずらりと座り込んで延々とプレイ中…駅前にもパチンコ屋があるはずだが、この光景はなかなか異様だ。品揃えが子供向けゲームよりも圧倒的にパチンコ台とメダルゲームばっかりなんですが…

これが良くも悪くも団地タウン江東区大島の現状を物語っているように思えてならない。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る