どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

11月23日開催!み○ず学苑の広告みたいな日本神話の神々のコスプレ宗教パレードが見られる「神命大神宮・神代行列」がイカす

大田区糀谷のド下町に本拠を構え、信者数3万人を誇るという神道系新興宗教「神命大神宮」では、毎年11月23日の勤労感謝の日に「神代行列(かみよぎょうれつ)」という名のパレードを執り行う。その様子を見に我々は東京の端っこまで電車を乗り継いでやってきましたよ。

午後2時を過ぎた辺りに糀谷駅近くの環八沿いに出てくると、既に沢山の信者やギャラリーが押し寄せて、これから通り過ぎるパレードの一団を待ちわびているようだ。この「神代行列」では日本神話に基づく神々に扮した神命大神宮の信者一同がハイグレードなコスプレと舞台で踊りながら神話の世界を表現するという、かなり凄まじい光景が見られる。

沢山のギャラリーに混じって、紫色のブレザーに身を包んだ人々がいる。神命大神宮の信者であろう。時折雑踏警備などを兼任する信者の姿もあり、忙しく動き回っていた。

そうこう言っているうちに神代行列の先頭が颯爽と走ってきた真っ赤なオープンカーによって始まった。選挙カーではないがスピーカーを通して神代行列の概要を伝えるウグイス嬢の方は結構お年を召されてます。

赤いボディに大きく「NISSAN」のロゴが入ったオープンカー。これは日産自動車がスポンサーになっているのかも知れんな。しかしこの程度で驚くのはまだ早い。後からだんだんヤバくなってくるのだ。

続いて白装束姿の集団が日本国旗や「世界平和」「国家安泰」などと書かれた旗とともに練り歩いてきた。これは地味である。

さらにトラックの荷台に乗せられた太鼓と笛の合奏隊が登場。お祭りらしい音色が環八沿いに轟いている。まあここまでは地味な印象である。

そして神輿担ぎの一団が続いて通り過ぎる。うん、ごく普通だ。

問題のメインコンテンツはこの先に延々と続く日本神話の神々に扮した信者一同が練り歩くとてもありがたいパレードの一団。イザナギノミコト・イザナミノミコトに始まり、日本の神様が総出演状態となる。

傍目から見ると完全にコスプレパレードな訳であるが、色んな神様の姿を一同に見られるのでとても有り難い気分になるのだ。しかし女性役は総じて若くないのが特徴。

この行列の中にドリフの雷様が混じっていてもそれ程違和感を感じる事がなさそうな気もするがそれは言い過ぎか。いやあ、ありがたやありがたや。

この神代行列、神命大神宮本宮が建設された1986年から毎年続けられてきて、今回(2010年)が第25回目とのこと。糀谷界隈では超有名イベントにはなっているが、他の地域では殆ど知られていないのが現状。実に惜しい。

しまいには初代天皇である神武天皇までご登場されましたよ。どこからどう突っ込めばいいのか返答に苦しむけど、ただただ、ありがたやありがたや。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.