埼玉県一覧

埼玉県と長野県を唯一繋ぐ「旧中津川林道」を走ったら凄まじい悪路で生きた心地がしなかった

日本全国に存在する都道府県境…それは明治の廃藩置県の時代から殆ど変わる事なく残っているもので、ごく一部の越県合併といった出来事を除けば我々が生まれるずっと前から同じ場所に存在し続けているというのが当然で、その境目が生活圏関係なしに街のど真ん...

記事を読む

【ワラビスタン】2015年、蕨の亡命クルド人新年祭「ネウロズ」(Newroz)は熱かった!

クルド人とは国家を持たない世界最大の民族であり、その最大の人口を持つトルコ南東部から政治的な迫害を理由に日本に亡命してきた人々が暮らしているのが埼玉県蕨市周辺である。そんな蕨が彼らの第二の故郷「ワラビスタン」と呼ばれていると...

記事を読む

北浦和駅前に昭和過ぎるオツな酒場通りが生き残っていた!「三州屋商店会」を歩く

今回当取材班がやってきたのは、さいたま市浦和区、京浜東北線北浦和駅近くの一画。浦和と大宮に挟まれて地味な存在感を放つこの界隈だが、滅多な用事では降りる機会も無さそうな場所にわざわざ来た理由…それは「北浦和駅近くにボロくてヤバイ飲食街がありま...

記事を読む

大胆過ぎる居抜き物件!そのまんま「元キャバレー」な駐輪場が北浦和駅前にありました

京浜東北線に乗ってひたすら大宮方面に向かうと、大宮の3つ手前、浦和の次のところに「北浦和」という駅があり、このへんに来るとかつてのテレビ番組・タモリのボキャブラ天国にあった山本リンダの替え歌ネタで「浦和は7つの駅がある」というのを脊髄反射的...

記事を読む

駅前に宗教聖地がある街、北本市「解脱会御霊地」を訪ねる

大宮からJR高崎線に乗って片道19分、熊谷との中間くらいの位置に埼玉県北本市という街がある。ストーカー殺人の桶川と川幅うどんの鴻巣の間に挟まってるんですが、今ひとつ存在感に乏しく「どこそれ?」となりがちな街だが、トマトの産地で「埼玉B級ご当...

記事を読む

埼玉の霞ヶ関にある「角栄商店街」…昭和ムード全開な商店街と田中角栄との関係は?!

地元民が酔っ払ってタクシーで帰る時に間違えて千代田区の官庁街に連れて行かれる事もあるという、埼玉県川越市にある「霞ヶ関」にやってきた我々取材班。東京の霞ケ関よりも歴史のある地名だと地元民が胸を張る、そんな街には何があるのか気になってふらふら...

記事を読む

埼玉の「霞ヶ関」は官庁街じゃないけど川越のリトルネパールだった件

「霞ケ関」と聞くと、東京都千代田区にある、日本の中枢機能を果たしている巨大官庁街…そのように答える方が殆どであろう。しかし埼玉県の一部地域ではこれが川越市にある「霞ヶ関」を指す事になる。東京の霞ケ関とはどう違うのか、そこそこ商店街も充実して...

記事を読む

茶畑に囲まれた住宅地の中にある知られざるアーケード街!狭山市北入曽「中原商店街」が渋い

埼玉県狭山市…西武線で新宿から片道50分、池袋から片道約40分の距離にあり、周辺の入間市などと並んで首都圏屈指の茶どころ、狭山茶の一大生産地であると知られる街だが、香ばしい事件好きな当取材班の中ではひたすら狭山事件の印象が…(以下省略)

記事を読む

埼玉にあるアメリカ…入間の旧米軍住宅「ジョンソンタウン」はダサイタマの汚名返上出来そうな勢いのシャレオツタウンでした

関東各所には戦後に出来た米軍基地やその跡地があり、横須賀や福生あたりはアメリカの匂いが漂う独特な街になっていたりして面白いのだが、そんな街が埼玉県入間市にもあると聞いた。入間と言えば航空祭で有名な街。狭山市と入間市に跨る広大な航空自衛隊入間...

記事を読む

東上線屈指のプチ九龍城砦!鶴瀬駅前「富士ビル」が再開発で取り壊されそうな件

東京都心から西方向に伸びていく私鉄各線の中でも地味な部類に入る東武東上線。池袋から発着するその電車に乗れば小江戸川越まで一本で行けてしまう訳なのだが、その手前にある街はひたすら地味で貧乏臭くて家賃相場もお手頃なので、うだつの上がらない安月給...

記事を読む

どうしてこうなった!ほぼ廃墟化しながら生き長らえるゾンビモール「岩槻名店街」

さいたま市岩槻区。2002年に自治体合併でめでたく埼玉県内初の政令指定都市となった「さいたま市」の中でも一足遅れて編入された旧「岩槻市」にあたる地域だ。人形の街、それから東北道岩槻インターのホテル街が有名ですね。

記事を読む

懐かし自販機の聖地らしい昭和のオートレストラン!行田市「鉄剣タロー」で食らう自販機バーガーの味

今や絶滅危惧種の一つに指定されている感のある「オートレストラン」という名前でも呼ばれるロードサイド沿いの昭和なドライブイン。レトロな食品自販機やゲームコーナーが立ち並び、トラックの運ちゃんや不良少年の溜まり場なんかになっているやさぐれたあの...

記事を読む

全国唯一の漢字が使われる地名・埼玉県八潮市「垳」(がけ)が気になって行ってみた

日本地図を眺めていると時折素で読めない地名や、あまり常用しそうにない漢字が使われている地名があって「なんだこれは?」と思う事がよくあるのだが、そんな地名が東京の近くにもありました。 

記事を読む

ワラビスタンと呼ばれる亡命クルド人第二の故郷「蕨」で行われる新年祭・ネウロズに行ってきた(2014年)

埼玉県蕨市が亡命クルド人集住地になっていて「ワラビスタン」と呼ばれている事を以前お伝えした。クルド人と言えばトルコやイランなどの山岳地帯に住む国を持たない民族で、1990年代以降、迫害を受けた末に亡命し日本に流れ住み着いた人々がいる...

記事を読む

“透明人間の殺人鬼に注意”?!入間市仏子の山中に現わる謎の電波アトリエの怪

たまたまネット上で見かけた「透明人間の殺人鬼に注意」と物騒な文言が書かれた電波な看板に目が止まり、その在り処が知りたくて色々と調べたら場所が判明し、割と近い場所にあるので見に行く事にした。

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.