埼玉県に属する記事の一覧

懐かし自販機の聖地らしい昭和のオートレストラン!行田市「鉄剣タロー」で食らう自販機バーガーの味

今や絶滅危惧種の一つに指定されている感のある「オートレストラン」という名前でも呼ばれるロードサイド沿いの昭和なドライブイン。レトロな食品...

記事を読む

全国唯一の漢字が使われる地名・埼玉県八潮市「垳」(がけ)が気になって行ってみた

日本地図を眺めていると時折素で読めない地名や、あまり常用しそうにない漢字が使われている地名があって「なんだこれは?」と思う事がよくあるの...

記事を読む

ワラビスタンと呼ばれる亡命クルド人第二の故郷「蕨」で行われる新年祭・ネウロズに行ってきた(2014年)

埼玉県蕨市が亡命クルド人集住地になっていて「ワラビスタン」と呼ばれている事を以前お伝えした。クルド人と言えばトルコやイランなどの...

記事を読む

“透明人間の殺人鬼に注意”?!入間市仏子の山中に現わる謎の電波アトリエの怪

たまたまネット上で見かけた「透明人間の殺人鬼に注意」と物騒な文言が書かれた電波な看板に目が止まり、その在り処が知りたくて色々と調べたら場...

記事を読む

海なし県・埼玉でまさかの海鮮料理!熊谷市「秀萬」が豪快過ぎてカニが食いきれない件

観光不毛県なのに人口だけはやたら多い東京の隣にある「埼玉県」。近年は「埼玉B級ご当地グルメ」だなんかで地味にPRし始めているが基本的に名...

記事を読む

大宮の24時間営業老舗喫茶店「珈琲館伯爵邸」…実は隠れた埼玉の沖縄なのである

久々にやってきたのは埼玉で一番都会らしい大宮駅東口ですよ。東京と東北・北関東・信越への結節点である巨大ターミナル駅ですね。県庁所在地の浦...

記事を読む

大小便禁止!ゴミ落下注意!中国人だらけの「川口芝園団地」見学リターンズ

埼玉県川口市にある「芝園団地」。昭和50年代に造成された2400世帯が暮らす県内有数のマンモス団地である。築30年以上を迎えるこの団地の...

記事を読む

実録・ワラビスタン!外国人だらけの町「蕨」に亡命クルド人が住んでいる件

赤羽から京浜東北線で3駅隣。埼玉県の小さな貧民都市「蕨市」を幾度と無く訪れている我々取材班。共産党市政だったりネカフェに住民票が置けたり...

記事を読む

【県境萌え】群馬・栃木・埼玉三県境スクランブル地帯・加須市北川辺町柳生駅周辺を歩く

「県境」、それは明治維新後の廃藩置県の時代からある都道府県制度が150年近く続いた現在もほとんど変わらずに残り続けている境界線。県境は時...

記事を読む

秩父路の入口、西武線沿線の奥座敷「飯能」の花街跡と飯能河原を歩く 

秩父路の入口である埼玉県飯能市は今でこそマイナーな田舎町の一つとしか認識されない場所で、特に東横線沿線住民あたりから見ると直通運転が予定...

記事を読む

川越市西小仙波町・喜多院裏の遊郭跡

埼玉の川越は「小江戸川越」と呼ばれるだけあって江戸時代からの豪勢な蔵造りの町並みが残る歴史の深い街。表の歴史もあれば当然裏の歴史もある訳...

記事を読む

川越丸広百貨店の屋上遊園地「わんぱくランド」で遊ぼう

川越と言えば蔵造りの町並みが有名な観光名所になっている観光不毛県埼玉の中でも稀有な地域な訳であるが東京から手軽に来れる距離にあるので毎週...

記事を読む

川越・警察不信の電波屋敷「おまえさんいくらもらってる」

埼玉県随一の観光地として知られる川越にやってくると蔵造りの町並みなんぞを見て菓子屋横丁なんぞをほっつき回って帰るのが定番コースらしいが、...

記事を読む

NO IMAGE

埼スタ脇の廃ホテルと謎看板「たいへんなことになりますよ」

東京という大都会を間近に控えながらどこかしら道を外れたような町並みが香ばしい埼玉県の郊外風景には個人プレイ炸裂な電波物件が転がっている。...

記事を読む

限界マイホーム・埼玉県寄居町「磯村建設」の分譲地

以前、我々DEEP案内取材班は「限界マイホーム」と題して、昭和の好景気期に作られたとんでもない場所にあるニュータウン分譲地を姉妹サイト「...

記事を読む

トップへ戻る