どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【浅草新吉原】日本を代表する巨大遊郭の現在…「吉原」を歩く(2010年)【台東区千束四丁目】

<2ページ目を読む

44-84.jpg

大門から最も遠い京町は今やマンションだらけで普通の住宅地と何ら変わりなくなっている。普通に家族連れが住んでいたりして拍子抜けしてしまうのだが、400年続いた吉原の街の灯も時代とともにゆっくり消えてしまうのだろうか。

浅草新吉原京町一丁目の旧町名を示す案内看板が建っている場所にちょうど旧吉原遊郭で最高級の妓楼・角海老楼があった。その向かいに偽装案内所問題で摘発された「角海老配送センター」の残骸が残る。

44-72.jpg

京町一丁目と二丁目に繋がる仲之町通りの交差点は「千束保健センター」と味気ないお役所らしき名前がつけられている。そのまま京二通りに入ると、ここも女性専用ビジネスホテルだろうか、ホテルの二階部分には町医者が入居しているようで「婦人科・性病科」の文字がでかでかと書かれていた。

不特定多数の男を相手に吉原で働く女達にとって婦人病のリスクは隣合わせ。やはり吉原付近には婦人科が多い。

44-104.jpg

京二通りを郭の外まで突っ切ると、そこは旧吉原遊郭の縁、お歯黒どぶを境に最下級の遊女屋が並んでいた「羅生門河岸」と呼ばれていた場所。郭の西側の浄念河岸と同じく、今で言う所の「ちょんの間」である。

羅生門河岸は浄念河岸よりもさらに下級で、乱暴な客引きが際立ち、局女郎が客の手を一度掴んだら離れない事から羅生門の鬼になぞらえてそう呼ばれていたらしい。実に生々しいエピソードだ。

44-08.jpg

現在はそこまで極端ではないが、かなりオンボロ具合の際立つ大衆店が何軒か並んでいる。昭和臭全開の古い店構えが特徴。

44-103.jpg

一本内側の路地には「天女」の屋号がついた凄まじい外観の店が控えている。建物左半分が傾いていてとうとう最近になって養生が施された。ここは総額表示で12000円。広い吉原でも最も激安レベルの価格帯である。

さすがに羅生門の鬼は出てこないが、リアルで鬼ババアが出てきそうで見るからにスリル満点。察する通り、熟女専門とのことです。ええ、ええ。

44-105.jpg

かつての羅生門河岸は現在「花園通り」という綺麗な名前に変わっている。お歯黒どぶの名残りだろうか、なぜか不自然に幅の広い中央分離帯のある二車線道路が吉原の内と外を分けている。

44-07.jpg

花園通りから角町通りを眺める。ここは現在でも江戸一通りと並んで吉原で最も活気のある通りだ。道の両側に店舗の看板がぎっしり並んでいる。特に「秘書室」と「迎賓館」の2軒は総額5万オーバーの高級ソープ。

44-106.jpg

「秘書室」から花園通りを挟んで向かいにはもう一軒、町医者の建物がある。玄関口には「優生保護法指定医」の看板が掲げられていた。時代は違えど、昔は遊女の妊娠は最も恥とされ、中絶を余儀なくされた。「生まれては苦界、死しては浄閑寺」と謳われた遊女の人生は決して明るいものではない。

44-107.jpg

やはり診療科目は婦人科・産科・性病科がトップ3。女の園・吉原で命を削り働くソープ嬢の健康の最前線に立っている。

44-09.jpg

旧吉原遊郭の外に出ると風俗店は全く存在しない。今でも郭の内と外の決まりは固く守られているようである。焼肉屋がやけに多いのが特徴。やっぱり「肉を喰らう」共通点からか、風俗街と焼肉屋は親和性が高いコンテンツなのね。

44-48.jpg

日が暮れると吉原の入口に置かれた「よし原安全で安心な街」のネオン看板が目に沁みる。東京最強の風俗街、大都会に生きる人々の飽くなき欲望の需要と供給のサイクルは365日24時間、休む事を知らない。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.