どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【SMの聖地】山手線最凶破廉恥タウン「五反田」ってどんな街? (2010年) 

山手線沿線で「怪しい駅」を挙げると鶯谷や大塚と並んで出てくるのが「五反田」の存在である。

30-440.jpg

五反田に抱くイメージの大半が「風俗街」というもので、その歴史は大正時代に五反田に花街(三業地)が設けられた事に始まる。町工場や工業系企業のオフィスが多いブルーカラーの街だった五反田駅周辺は盛り場として昔から賑わっていた。

戦前までは荒川区の尾久と並んで大規模な歓楽街が形成されていたとされるが、それが戦後になって闇市上がりの風俗街となり、ラブホテルやファッションヘルスが密集する性都として発展するに至った訳だ。

30-439.jpg

最近では某女子アナと某野球選手の不倫騒動で使われたラブホテルが五反田にあった事からこの土地の名前が再び「いかがわしい街」としてクローズアップされるなど、つくづくろくな事がない。ちなみに件のラブホテルは五反田駅前の電車の車窓からも見渡す事ができる。

現在の五反田はどのような街なのだろうか、少し歩き回る事にした。

30-435.jpg

五反田駅東口に出ると、駅前を通る桜田通りが広々し過ぎていて、一見するとそれほど猥雑さを感じる事は少ない。五反田には都営浅草線や東急池上線の駅もあって、乗り換え客でそこそこ駅前は賑わっている。

30-436.jpg

だが、桜田通りに面する雑居ビルに目をやると、不動産業者や英会話教室などに混じってサラ金の看板がやたら目立っているのに気付く。かなりオフィス街らしく変わっているとは言え、五反田と言えばやはり根の部分は歓楽街なのである。

30-437.jpg

雑居ビルが林立している東口北側だが、この真裏の山は美智子皇后の実家があった高級住宅街「池田山」になる。ビル街の隙間からは池田山に至る登り坂も隠れているが、その先はまさに別世界。庶民と貴族という異次元が高台と低地でしっかり区分けされている。

30-438.jpg

そこから先は築堤上にある五反田駅のホームがよく見渡せる。手前の目黒駅までは標高の高い場所を走っているが、五反田駅前は目黒川沿いの低地にあって、高低差のある地形の勾配を無くす為にこのような構造になっているという。

逆に目黒駅周辺は高台を削り取ってホームと線路の部分が掘割になっていて、それが五反田駅前の築堤の盛り土に使われているらしい。

30-442.jpg

五反田駅前から大崎寄りのガード下。池上線がある側にはラーメン屋や古い果物屋などが並ぶ。

30-441.jpg

しかし反対側には酷くサイケデリックで不気味な壁画が見られる。しかもどこぞの珍走団の成れの果てが自らの存在を示すかのごとくスプレーでサインしている。そこには「怒羅権」…あの悪名高い中華ヤンキー軍団の名前が。

30-429.jpg

駅周辺の店舗構成を見ると、やはり歓楽街としての色彩は相変わらず強いようだ。風俗店に混じってマッサージ店、個室ビデオなどもあって、総じてオッサンパラダイス状態。蒲田駅前や新橋駅烏森口の街並みを想起させる。

30-430.jpg

ご丁寧に「ひざまくら耳かき」店まで揃っている。風俗店ではないものの、擬似恋愛的要素を孕んだ男の為の娯楽店舗の一つとして出店攻勢が加速している。

こうした店が出来る傾向は山手線文化圏というよりは川崎や池袋のそれに近いものがある。

30-431.jpg

そして当然ながらパチンコ屋も目立って多い。駅の西口と東口で5~6店舗ほどがひしめき合っている。

30-494.jpg

そして五反田名物の風俗街は東口の有楽街を中心に、駅周辺にまんべんなく広がっている。夜になると有楽街の各所に無料案内所が眩しい明かりを灯らせて飢えた男どもを誘蛾灯のごとくおびき寄せる。

30-495.jpg

特に有楽街は夜間になるとその筋と思われるお兄さんや客引きのオッサン、風俗店の店番をするボーイ、訳の分からない中国人か何かのお姉さんばかりになって、雰囲気がかなりヤバイ。五反田が夜の街というのは今も変わっていないようだ。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.