どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【日本の朝鮮】首都圏のコリアタウンまとめ(2018年改訂版)

福富町(横浜市中区)

ヨコハマのダークサイドを具現化したプチ九龍城砦的なコリアタウン

【ニューカマー系/戦後発祥】
コリアン密度:★★★★☆
街の規模:★★☆☆☆
殺伐度:★★★★★

JR関内駅最寄り、かつては横浜を代表する目抜き通りだったイセザキモールの入口から少し脇道に逸れると現れる「福富町」のやさぐれた雑居ビル群。何やら特殊なお風呂屋さんもあるような怪しげな区域であるが、一方で韓国・中国・東南アジア各国の食い物屋も集まる異国情緒漂う街でもある。80~90年代以降、この地域にニューカマー韓国人が街に増加したのに伴い、福富町の韓国人店主達は「新大久保のようにコリアタウンとして盛り上げよう」と提案するも、古い日本人店主の反発を受けるわ、街がダーク過ぎてそもそも人が寄り付かない、といった現実問題を前に頓挫している。

▲コリアタウン一覧へ

横浜橋(横浜市南区・中区)

キムチ・韓国食材店が物凄い勢いであるハマの下町アーケード「横浜橋通商店街」

末吉町三丁目に建つクソ怪しい雑居ビルに「韓国民団横浜支部」が入居する

【ニューカマー系/戦後発祥】
コリアン密度:★★★★☆
街の規模:★★★☆☆
殺伐度:★★★☆☆

横浜市営地下鉄ブルーライン阪東橋駅最寄りの下町アーケード街「横浜橋通商店街」を歩くとかなりの数のキムチ専門店や韓国食材店が並んでおり、濃厚なコリアタウンぶりを見せている。周辺の伊勢佐木町や黄金町一帯が韓国・中国・東南アジア系外国人のコミュニティとして発展をしていて、こうした店の需要が高い事を示している。横浜橋通商店街に隣接する真金町・永楽町は元遊郭で、曙町もいかがわしい店が立ち並ぶ一帯、元非合法売春地帯だった黄金町はもちろんの事だが、この界隈全域、普通の日本人が好んで住みたがる地域でもない。

「阪東橋」関連記事

【横浜市】落語家・桂歌丸の地元!横浜で最もDEEPな下町「横浜橋通商店街」とその周辺(2009年)
オシャレな港町もあればベタな下町もあるのが横浜の多面性。地下鉄阪東橋駅が最寄りの「横浜橋通商店街」に行けば飾らぬ気取らぬ庶民の暮らしがある。ご近所には笑点の歌丸師匠も住んでるぜ!

▲コリアタウン一覧へ

大和(神奈川県大和市)

民団も総連も揃う神奈川県央地域屈指のコリアタウン大和市

【オールドカマー系/戦前発祥】
コリアン密度:★★★★☆
街の規模:★★★☆☆
殺伐度:★★★★☆

相鉄線と小田急江ノ島線に乗って行く神奈川県央地域の「大和市」。米軍厚木飛行場が近い事から年がら年中戦闘機の爆音が鳴り響き、数ある工業団地に勤めるブルーカラー労働者や外国人住民が暮らす乾いた街である。ここは同時に県央地域屈指のコリアタウンでもあり、大和駅周辺には民団・総連双方の支部施設が揃っている。また相模大塚駅周辺には戦時中の飛行場建設の労働力として集まった在日コリアンが暮らしていた「大丸飯場」があった事から、戦後も大和市には在日コリアンが多く住む理由となっているそうだ。

「大和」関連記事

【大和市】米海軍飛行場のお膝元「大和」のコリアタウンぶりをご覧下さい(2010年)
神奈川県大和市…東京からも小田急線や東急田園都市線で片道1時間以内、横浜からも相鉄線一本で行ける神奈川県内でも「県央」と呼ばれる地域の一...

▲コリアタウン一覧へ

早川河川敷(神奈川県小田原市)

西湘バイパス脇の見捨てられた河川敷集落

【オールドカマー系/戦前発祥】
コリアン密度:★★★★☆
街の規模:★☆☆☆☆
殺伐度:★★★★★

小田原市は箱根登山鉄道箱根板橋駅近く、早川沿いに存在する河川敷バラック集落。小田原厚木道路の終点から西湘バイパスに入り小田原市街地方面に向かうと進行方向左手に「韓国人会館」と書かれた看板が見えるが、これがある場所も河川敷集落の中である。現地を訪れると「官地につき立ち入りを禁ず」と書かれた小田原市名義の看板が置いてあるあたり、やはり公有地の不法占拠がらみかと思われるのだが、当地がどのような経緯で成立したかは不明な点が多い。

▲コリアタウン一覧へ

川口・西川口(埼玉県川口市)

西川口の韓国人街は急増する中国人に押され、存在感を失いつつある

キューポラのある街 [DVD]

川口と言えば「キューポラのある街」。作中には在日コリアンや北朝鮮帰還事業も描かれている

【オールドカマー系/戦前発祥】
コリアン密度:★★☆☆☆
街の規模:★★★★☆
殺伐度:★★★☆☆

「キューポラのある街」に描かれた昭和の川口市。鋳物産業をはじめとした各種工業地帯でひしめく街には多くの在日コリアン住民も暮らしている。しかし川崎などとは違って広範囲に居住地が散らばっているためか、せいぜい西川口駅前に韓国スーパーBIG5や韓国料理店が何軒かあったりする程度で特別「コリアタウン」感を感じる事もない。しかし市内には民団も総連も両方しっかりとあるわけで、埼玉県内で最も在日コリアン住民比率が高い地域である事には変わりはない。

▲コリアタウン一覧へ

東松山(埼玉県東松山市)

東松山の在日コリアンが作り上げた名物料理「やきとり」専門店が立ち並ぶ市内の風景

【オールドカマー系/戦前発祥】
コリアン密度:★★★☆☆
街の規模:★★☆☆☆
殺伐度:★★☆☆☆

カラーギャングというゼロ年代の遺物ヤンキー文化が未だに存在する埼玉県の東上線タウン「東松山市」。ここは豚のカシラ肉(頭の肉)を串焼きにして辛味噌につけたものを「やきとり」と称して独自の食文化にしている事が有名だが、この東松山やきとりは当地の在日コリアンが考案した料理である。そのルーツとされる居酒屋「大松屋」も市内中心部に現存している。

「東松山」関連記事

【埼玉国事件】地元カラーギャングによる「東松山リンチ殺人事件」の舞台となった都幾川河川敷を訪れた
2016年8月23日朝、埼玉県東松山市下唐子の都幾川河川敷で身体が半分以上埋まった状態の変死体が発見された。それは地元のDQNによる凄惨...

▲コリアタウン一覧へ

高麗・高麗川(埼玉県日高市)

天皇陛下も訪れた、渡来人高麗王若光を祀る「高麗神社」の将軍標

【オールドカマー系/戦前発祥】
コリアン密度:★★★☆☆
街の規模:★★☆☆☆
殺伐度:★☆☆☆☆

秩父山地の手前、日高市という田舎地帯にも古代朝鮮にゆかりのある地名が存在している。朝鮮半島から逃れた高句麗の王族が住み着いたのがこの付近であると言われていて、高麗王若光を祭神とする高麗神社がある。その事がきっかけで高麗神社を含めて日本の朝鮮として街おこしが繰り広げられていて、西武高麗駅前に巨大な韓国の道標が置かれたり、高麗神社の境内に行くと在日韓国人団体や在日コリアンが多いと言われる芸能人の名前が参拝者名簿に書かれていたり、韓流ドラママニアのおばちゃん達が置いたと思われる、ヨン様の健康を祈る絵馬が飾られていたりする。2017年9月には天皇皇后両陛下も同神社を参拝。ウヨサヨ両陣営が大騒ぎになった事も記憶に新しい。

「高麗」関連記事

【ウリナラ起源】埼玉県日高市に古代朝鮮渡来人の街「高麗郷」があった! 
東京から西武池袋線で1時間、秩父山脈をひかえる埼玉県日高市に古代朝鮮・高句麗の築いた郷があるという。西武高麗駅前で降りるとそこに立ちはだかるのは「天下大将軍」「地下女将軍」のトーテムポール...

▲コリアタウン一覧へ

千葉栄町(千葉市中央区)

関東一恥ずかしい県庁所在地の盛り場、千葉栄町です。よろしくお願いします

諸事情あって移転した千葉駅。千葉市民会館に「ここに千葉駅ありき」の石碑

怪しく灯るネオン看板がそそられる飲食街、栄町狸小路

特殊なお風呂屋さんのビルをマンションに改装したビックリ物件。千葉モノレール栄町駅から徒歩0分

超絶マニアックなコリアン酒場が目白押し「千葉名所K&S」

【オールドカマー系/戦後発祥】
コリアン密度:★★★★★
街の規模:★★★☆☆
殺伐度:★★★★★

千葉駅から目と鼻の先にある中心市街地の栄町は、昭和38(1963)年に千葉駅が現在の場所に移転してくるまでは市内最大の繁華街だったそうだ。しかし今では県内有数のピンクタウンとしてその名を轟かせる。猥雑なソッチ系の店に混じってキムチ専門店や焼肉屋などが軒を連ねるのだが、廃屋や駐車場が斑模様に広がっていて雰囲気は「栄町」という名とは180度違っていてどこが栄えてるねん!といった感じだ。

夜の栄町商店街はひと気も少なく不気味だが韓国人向けの24時間スーパーだけが眩しい。ニューカマー系住民が増えているのか、ハングル率が非常に高い。

千葉市が軍都だった事もあって戦時中に大規模な空襲の標的になり焼き尽くされた中心市街地を戦後のドサクサで駅前一等地を三国人ヤクザが不法占拠した事で再開発計画に収拾が付かなくなり、結果千葉駅を含めた中心市街地を移転させるきっかけになったのではないかと言われている。町内にはハナ信用組合の支店もあるし、某ハマコー先生ゆかりの暴力団事務所だってある。今なお栄町は関東屈指の暗黒街としてその名を轟かせている。

また千葉駅前のバス乗り場にある「千葉名所K&S」もまた場末の韓国酒場が軒を連ねるマニアックな場所である。戦後千葉駅前にあった屋台を立ち退かせてこの場所で営業させているもので、ラーメン屋と焼き鳥屋の二軒以外全て店主が韓国人経営らしい。

「千葉」「栄町」関連記事

千葉市屈指の繁華街だった「栄町通り商店街」がズタボロ激寂れで外国人街と化している件
千葉県の県庁所在地、千葉市の「栄町」…その地名を聞くと、そこはかとなく救いようもなさそうな絶望感が押し寄せる、関東屈指のアンダーグラウン...
関東屈指のダークゾーン「千葉栄町」の廃墟群と昭和な飲み屋街を眺める
千葉県の県庁所在地なのにダメダメ感漂う街、千葉市の中でも「栄町」と聞くと、何だかアレでナニな店が密集していたり、コリアタウンだったり、戦...
県庁所在地の駅前一等地に韓国酒場がズラリ!「千葉名所K&S」が熱い
千葉県の県庁所在地「千葉市」の玄関口となるJR総武線千葉駅周辺は戦後のドサクサで成り立った在日韓国・朝鮮人及び有象無象のアウトローのシマ...

▲コリアタウン一覧へ

船橋(千葉県船橋市)

船橋市本町4丁目のアジアンなスナック街。ハングル多めです

本町4丁目の海老川沿いにある民団船橋支部

関東最強の不法占拠バラック地帯、南本町44番地「都疎浜」

【オールドカマー系/戦前発祥】
コリアン密度:★★★☆☆
街の規模:★★★☆☆
殺伐度:★★★☆☆

船橋駅南口には大規模なペデストリアンデッキや西武百貨店などが建っているものの、一歩外れると戦後のドサクサで荒らされたような猥雑な街路が残っていて一見すると奇妙だ。再開発道路の未着工部分にキリスト教会が立ちはだかっていて、その向かいは怪しげな店やらパチンコ屋。いかにも駅前コリアタウン的な街である。韓国料理店の数も多い。しかし近年の再開発でその姿も変わりつつある。

本町4丁目の「仲通り商店会」を抜けた先の一画に韓国スナックや韓国料理店が多く立ち並ぶ一画があり、その先へ進むと民団船橋支部と韓国スーパーが入居するビルが海老川沿いにそびえている。

船橋市役所に近い南本町の「山谷澪」と呼ばれる水路に沿って、戦後の住宅不足で不法に建てられたバラック住居が今も生々しく残っている。この南本町一帯が放棄された塩田の跡地に、戦時中から戦後に掛けて都内から疎開させられて集まった人々が家を建てて出来た住宅地で、その経緯から「都疎浜」と呼ばれている事も興味深い。

「船橋」関連記事

船橋市南本町44番地「都疎浜」のバラック群が見たくて 
東京や首都圏一円はともかく関西でも様々なバラック住居を訪ね歩いてきた我々DEEP案内取材班。しかしこれまで見てきた中でも最強クラスのイン...

▲コリアタウン一覧へ

松戸(千葉県松戸市)

松戸駅東口の胡散臭い盛り場。韓国系も多いが中国、東南アジア系も多い

【ニューカマー系/戦後発祥】
コリアン密度:★★★☆☆
街の規模:★☆☆☆☆
殺伐度:★★★★☆

常磐線タウンはどこに行っても外国人コミュニティが少なからずあるもので別に珍しくもないが、とりわけ松戸駅東口のやさぐれた盛り場の一画には夜のお勤めを頑張っておられる外国人女性が路上にたむろしている姿を目にする。そうした方々の夜食供給源になっている深夜まで開いている韓国料理店が何店舗かあり、店に入ると案の定日本語が全然通じないのですが大丈夫でしょうか。

ちなみにこの盛り場、とある雑居ビルに北九州の特定危険指定暴力団「工藤會」が関東進出の拠点となる事務所を置いていたと報じられた。伊達にMAD-CITYとは呼ばれない松戸市なのである。

「松戸」関連記事

【松戸市】松戸の何がMAD-CITYなのかが良く分かる「松戸駅東口」の陰気臭い飲食街(2011年)
千葉の渋谷こと「柏」が常磐線の衛星都市代表に輝く中、駅前の発展が微妙過ぎて夜はDQNやチンピラが徘徊する文字通り「MAD-CITY」に成...

▲コリアタウン一覧へ

柏(千葉県柏市)

「冬ソナ」に「キムチ」…いつも思うけど韓国料理店ってネーミングセンス適当だよな

【ニューカマー系/戦後発祥】
コリアン密度:★★☆☆☆
街の規模:★★☆☆☆
殺伐度:★★★☆☆

松戸と並ぶ千葉県内の常磐線タウン「柏」にも小規模ながらコリアタウンがあり、柏銀座通りを越えた先の一帯に韓国系ショップや韓国スナックが立ち並んでいる。

▲コリアタウン一覧へ

成田(千葉県成田市・富里市)

京成成田駅東口至近のニュータウンに存在する知られざるコリアタウン

【ニューカマー系/戦後発祥】
コリアン密度:★★★☆☆
街の規模:★★★☆☆
殺伐度:★★★☆☆

日本の空の玄関口、成田国際空港を擁する千葉県成田市に隣接する富里市日吉台。一見ニュータウンでしかないが、メインストリートの日吉台通りには怪しげな韓国エステ店や韓国料理店がぞろぞろと並ぶ。数年前までは違法店舗が多数あった裏名所で、そういった店の従事者向けのガチな飲食店が何軒もある。また京成成田駅近くに「韓国民団成田支部」の看板を掲げた建物がある。

「成田」関連記事

成田駅の裏玄関「富里市日吉台」が超絶コリアタウンすぎる件
日本の空の玄関口・成田国際空港を擁する街、千葉県成田市。東京から遠く離れた街ではあるものの、意外にも市内各所にニュータウンが形成されてい...

▲コリアタウン一覧へ

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. Secured By miniOrange