「 東京都 」一覧

全707件中 1〜15件目を表示

小金井ストーカー刺傷事件の現場「シャトーアーケード小金井」はやたらと昭和感の漂う空間だった

小金井ストーカー刺傷事件の現場「シャトーアーケード小金井」はやたらと昭和感の漂う空間だった

新宿からJR中央線快速電車で片道27分、中央特快三鷹乗り換えで約20分という距離にあり中央線沿線のベッドタウンの一つとして認識されている東京都小金井市の玄関口、JR武蔵小金井駅前にやってきた。

>記事全文を読む

西武新宿線沿線で歌舞伎町に次ぐ歓楽街らしい東村山市「久米川」駅周辺は焼き鳥居酒屋だらけ!

西武新宿線沿線で歌舞伎町に次ぐ歓楽街らしい東村山市「久米川」駅周辺は焼き鳥居酒屋だらけ!

首都圏の主要私鉄各線を見比べれば不人気度ダントツのナンバーワンなのが、実質ターミナル駅が「高田馬場」しかない、沿線開発と高架化等インフラ整備の遅れにかつての堤王国のやる気の無さが伺える「西武新宿線」で、この沿線だけ地価が二段階くらいお安くな...

>記事全文を読む

西武線住民の主食は焼き鳥か?!乗り換えでいちいち商店街を歩かされる街「秋津」を観察する

西武線住民の主食は焼き鳥か?!乗り換えでいちいち商店街を歩かされる街「秋津」を観察する

西武線に乗ると、それが西武新宿線であれ池袋線であれ、東京都から都県境を越えて埼玉県入りした後の最初の駅が「所沢」であり、その一つ手前の駅まではギリギリ「東京都」となっている。池袋から出ている西武池袋線の場合、所沢の一つ手前にあるのが、駅前一...

>記事全文を読む

【まるでグンマー】東京最西端の下品すぎる歓楽街!羽村市「小作」駅前の町並みがとても東京とは思えない

【まるでグンマー】東京最西端の下品すぎる歓楽街!羽村市「小作」駅前の町並みがとても東京とは思えない

新宿からJR中央線に乗り、さらに立川から分岐している「青梅線」に入ると、そこは東京の奥地、青梅や奥多摩へと連なる、23区内の住民からすれば未知の領域とも言える街が続いている。毎週のように湯河原に公用車で別荘通いを続けていた舛添都知事が非難さ...

>記事全文を読む

ロータリーのある激渋な街並み!軍需工場住宅地として戦時中に開発された昭島市「八清通り」を歩く

ロータリーのある激渋な街並み!軍需工場住宅地として戦時中に開発された昭島市「八清通り」を歩く

東京都心から中央線で立川まで行くと、そこから青梅方面に「青梅線」が分岐している。新宿駅から中央特快なり青梅特快でここまで来ても最低30分近く掛かるのに、まだこの先にも昭島・福生・あきる野といった沢山の街が広がっている訳だが、かつて立川にあっ...

>記事全文を読む

【祝!アド街で放送】悪質なポン引き注意!山手線住みたくない街不動の一位を誇る「鶯谷」には何があるのか (全2ページ)

【祝!アド街で放送】悪質なポン引き注意!山手線住みたくない街不動の一位を誇る「鶯谷」には何があるのか (全2ページ)

全29駅あるJR山手線沿線の中でも最も乗降客数が少なく「ダサい街」「絶対に住みたくない街」ランキングのワーストワンを堂々と掻っ攫う街、それが上野のすぐ隣にある「鶯谷」である。 なぜ鶯谷がそんなに嫌われ者になっているのかというと...

>記事全文を読む

戦後70年経っても開通しない幻の都市計画道路!退廃感に満ちた「新大久保」の線路際の風景が異様過ぎる

戦後70年経っても開通しない幻の都市計画道路!退廃感に満ちた「新大久保」の線路際の風景が異様過ぎる

日本最大の巨大ターミナル駅「新宿駅」のすぐ隣にありながら長らく裏町的な位置付けにあり韓国人をはじめ世界各国の外国人が住み、また裏社会の人々も同様に暮らしている街「新大久保」。この街の景色を山手線や西武新宿線の車内から見下ろすと、都心の一角と...

>記事全文を読む

埼玉・朝霞女子中学生誘拐犯が大学卒業後の新天地に選んだ街「東中野」を歩く

埼玉・朝霞女子中学生誘拐犯が大学卒業後の新天地に選んだ街「東中野」を歩く

2014年3月に埼玉県朝霞市で起きた女子中学生誘拐事件は2年以上もの空白の期間を経て、突然誘拐された女子中学生本人からの実家への電話によって急展開を迎え、犯人である千葉大工学部所属、大阪府池田市出身の23歳の大学生が逃亡後自殺未遂、その後の...

>記事全文を読む

西武多摩湖線一橋学園駅最寄りのレトロで三色旗な「小平団地」とその周辺を歩く

西武多摩湖線一橋学園駅最寄りのレトロで三色旗な「小平団地」とその周辺を歩く

JR中央線国分寺駅から出ている「西武国分寺線・多摩湖線」のマイナー気味な2路線。地元民でなければなかなか使わない路線なのだろうが、そんな国分寺線に乗って鷹の台駅で降りると朝鮮大学校と創価学園と「ふれあい下水道館」がある香ばしい街である事はだ...

>記事全文を読む

【酒鬼薔薇聖斗×足立区】週刊文春がスッパ抜いた元少年Aが暮らしていたとみられる「花畑団地」とはどのような場所なのか

【酒鬼薔薇聖斗×足立区】週刊文春がスッパ抜いた元少年Aが暮らしていたとみられる「花畑団地」とはどのような場所なのか

今日2月18日発売の「週刊文春」(2月25日号)に掲載された衝撃の写真。今から19年前の1997年に起きた「神戸連続児童殺傷事件」の犯人である当時14歳の「少年A」が、関東医療少年院を退院して10年もの沈黙の後に突然手記を出版した事を契機に...

>記事全文を読む

旧吉原遊郭「千束四丁目」路地裏にひっそり残る戦後の赤線カフェー建築

旧吉原遊郭「千束四丁目」路地裏にひっそり残る戦後の赤線カフェー建築

日本最大級の遊郭として江戸時代から昭和33(1958)年の売防法施行まで340年間の歴史を歩んできた吉原遊郭だが、吉原大火、関東大震災、東京大空襲と幾度も災難に見舞われてきた故に残念ながらこの土地に伝統的な遊郭建築は一切残っていない。 ...

>記事全文を読む

吉原遊郭の名残りを留める「千束四丁目」仲之町通りと普通公衆浴場

吉原遊郭の名残りを留める「千束四丁目」仲之町通りと普通公衆浴場

江戸時代に遊郭が開かれおよそ400年、今もなお全国最大級の「お風呂屋さん」街として名を馳せる「吉原」。旧遊郭地が現在もそのまま台東区千束四丁目に属している。

>記事全文を読む

吉原遊郭の総鎮守「吉原神社」と遊女達の不幸な歴史を留める「吉原弁財天」

吉原遊郭の総鎮守「吉原神社」と遊女達の不幸な歴史を留める「吉原弁財天」

旧吉原遊郭では大門以外から遊郭への出入りは、鷲神社の酉の市といった特別な時期以外は認められていなかったが、今となってはどこからでも出入りできる。仲之町通りを突っ切って郭の外との境目に「水道尻(すいどじり・みとじり)」と呼ばれる一角があり、そ...

>記事全文を読む

吉原遊郭と歴史と共にしてきた「吉原土手」の馬肉料理店と天麩羅屋

吉原遊郭と歴史と共にしてきた「吉原土手」の馬肉料理店と天麩羅屋

吉原...そこは江戸時代に始まり売防法施行の昭和33(1958)年まで340年に渡って続いていた日本最大級の遊郭、そして今も現役の色街として全国区でその名を轟かせている、そんな場所である。現在の住所は「台東区千束四丁目」。最寄りは地下鉄日比...

>記事全文を読む

【東京にもある縁切り神社】板橋宿の裏名所!「縁切榎」の絵馬に人の業の深さを見た

【東京にもある縁切り神社】板橋宿の裏名所!「縁切榎」の絵馬に人の業の深さを見た

板橋本町商店街の一画に「縁切榎」という物騒な名前の樹が立っている。この樹の下を嫁入り行列が通ると必ず縁が切れてしまうという言い伝えが広まり、江戸時代から悪縁切りのまじないが行われてきた「ある筋」の方々には非常に有名な場所。

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年1月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.